North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ウェブサイトリニューアル
at 2017-08-22 18:22
NFX S66ML出荷準備完了
at 2017-08-22 17:00
NFX S66MLリリースス..
at 2017-08-21 19:00
ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

2017年 06月 16日 ( 2 )

クローフィッシュ?クレイフィッシュ?それともクローダッド?

クローフィッシュに関するトリビアです。

場所によって、人によって、呼び名が変わる淡水ロブスター、クローフィッシュ

クローフィッシュ?
クレイフィッシュ?
クローダッド?

一体どれが正しいんでしょう?

それぞれに違いはあるんでしょうか?

なので、調べてみました。

英語の文法や単語について解説するサイト"grammarist"によれば、

a0183304_1131627.png

source from http://grammarist.com/usage/crayfish-crawfish-crawdad/


クレイフィッシュ、クローフィッシュ、そして、クローダッドは淡水ロブスターに対して使える言葉で同じ意味。クローフィッシュはアメリカで好まれる表現。一方のクレイフィッシュはその他の英語圏で好まれる表現。そして、クローダッドは、アメリカの一部で好まれる表現。オーストラリアとニュージーランドではクレイとだけ表現することもしばしば

ってことで、言ってみれば、ザリガニをエビガニって言うのと一緒、ってことかと。
by bluepeaks | 2017-06-16 11:36 | 四方山

知られているようで知られていないザリガニの生態(その8)

昨日のハドルストン然り、

ピュアフィッシングのチューブワームの話然り、

一抹のモヤモヤ感を否定しきれないところではありますが、

ここまで来たのでやり遂げたいと思います

さぁ、最終回です

タイトルは"Pro's tricks"

「プロのトリック」

a0183304_861217.png


イリノイ州ロックフォードのフィッシングプロ、カート・サーモは、使うべきベイトのカラーとサイズにおける推測を排除している。彼は、釣りをする全ての湖と川で、トーナメントの前日には、クローフィッシュのトラップ(いわゆるカニカゴ。以降日本語訳では「カニカゴ」と表現)を仕掛けている。カニカゴは、何処でも売っているサウスベンド社のクローフィッシュトラップだ。彼は、湖に向かう途中、コンビニに寄って、餌としてキャットフードを買う。

サーモ曰く「ボートランプの周辺というのは、何処に行ってもほぼ岩場だ。だから、ボートランプから数ヤードほど岸際を歩いて、カニカゴを仕掛けておく。そして、一晩放置しておくんだ。で、翌朝、カニカゴを引き上げて、クローフィッシュの数と色とサイズを確認するんだ。それを参考にベイトを選んで、仕事(釣り)に取り掛かるのさ」。北部の湖で、サーモは、カゴ一杯になったほぼ蛍光オレンジ色のクローフィッシュを見たことがある。その時を振り返り「それを見て、ベイトを変えたよ。今日まで賞金をゲットした90パーセントのトーナメントでこの方法でベイトをマッチさせているんだ(原文に編集漏れありのため一部文脈から推測)」

後記

ジョン・タートリアニは、オハイオ州コロンバスのUS内水面部門の生物学者であり、淡水クローフィッシュの研究で修士号を取得。バスに関連するクローフィッシュの行動研究の第一人者である。タートリアニ氏の研究がこの記事のベースとなっている。

原文は2008年編集

end.


まぁ、トーナメントの結果が収入に直結するので、不確実な要素は少しでも排除するべきだと思うので、まぁ、わからんでもないけど、「プロのトリック」って言ってますけど、どちらかと言えば「ネタばらし」?

で、いくら稼いんだしょうかね?

諸々書きたいこともありますが、今日のところはこの辺にしておきます。

とは言え、クローフィッシュの生態を理解する上で重要な情報も何点かあったので、明日以降、ポイントをまとめます。

bye for now.
by bluepeaks | 2017-06-16 09:02 | B.A.S.S.