North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

SOW:救世主!
at 2017-12-11 09:14
SOW:サイレントブレイカー
at 2017-12-09 10:54
カタログ外ブランクの個別取り..
at 2017-12-08 15:20
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-08 09:48
冬の釣り
at 2017-12-08 09:37
ハイブリッドS2のフィニッシュ
at 2017-12-07 18:48
NFX S62Lプロジェクト..
at 2017-12-02 16:47
2017 Thank YOU..
at 2017-12-01 16:58
NFX S70MHの推奨ライン
at 2017-12-01 10:37
S70MHガイドセッティング
at 2017-11-30 11:16

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

2017年 04月 17日 ( 2 )

マテリアルの差

「ここまで来ちゃうとIMでもHMでもアングラー側で差を感じられないんじゃないんですか?」

と(褒め言葉として)言ってたお客様から暫くして電話がかかってきて・・・

「すみません、前言撤回。お店じゃあんまりわからなかったけど、現場で違うと全然違いますね」

と頂いた写真

a0183304_1443298.jpg


同じマンドレルで巻いているので、ブランクが細くなればなるほど、そして、全長が短くなればなるほど、使う素材の総量が少なくなるので、相対的な差が出にくくなり、フィーリングの差も感じにくくなるものですが、それでもやっぱりマテリアルが作り出す差って絶対にあるんです。

勿論、釣りを始めて昨日今日の人には残念ながらわからないでしょう。でも、やり込んで来た人ならきっとわかるはずです。

どちらがいいとか、悪いとか、そういう話じゃありません。釣り竿は最終的には好みだと思うんです。筆みたいなもの。だから、ある人にとっては最高の筆でも、他の人にとっても別の筆が最高であったりする訳です。でも、きっと使う素材の差、筆で言えば毛の部分にはやっぱり素材としての差が出ると思うんですよね。

弘法大師もきっと選んでいたと思うんですよ、筆を。
by bluepeaks | 2017-04-17 15:05 | ブランク

ランカークラブ

バスマスターマガジンの毎号、巻末に掲載されているデカバス釣ったぞ!の写真、その名も"The Lunker Club(ランカークラブ)"。

a0183304_10513394.jpg


毎年日本でもこの季節になるととんでもないモンスター級が琵琶湖を中心とする各所で釣られていますが、先日、そんなモンスター級の魚を仕留めた友人から

「ところであのバスマスターマガジンに日本人も投稿出来ないんだろうか?」

と聞かれたので、調べてみました(っていうか初めてこのコーナーをちゃんと読みました)。

a0183304_10554560.jpg


まず、応募資格は

B.A.S.S.の会員であること。インターナショナルの場合は年会費$27、約3,000円です。

続いて応募の基準は

ラージマウスバスなら10ポンド以上(4536g以上)
スポッテドバスなら5ポンド以上(2268g以上)
スモールマウスバスなら6ポンド以上(2722g以上)

であること。

そして、応募の方法は、

1.ウェイト
2.体長
3.胴回り

この全てが判別可能な写真を、以下のアドレスに送ること

editorial@bassmaster.com

で、無事に審査を通過したエントリーのうち、事務局によって選出されたものがこうして後日紙面に掲載される

a0183304_10513394.jpg


という流れです。

そして・・・

無事に認定を受けると、

1.オフィシャルのランカークラブ認定証と、
2.記念品としてミンコタのオリジナルキャップ(たぶん年度によって変わります)

がもらえるそうです。

如何でしょうか!

もし、英語が不安で・・・なんて躊躇っている方、日本からのエントリーで紙面を飾るためなら、喜んでお手伝いさせて頂きますので、お気軽にお声がけ下さい。

info@bluepeaks.co.jp

ってか、自分もエントリー出来るように頑張って釣ろう!
by bluepeaks | 2017-04-17 11:19 | B.A.S.S.