North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

2016年 10月 24日 ( 1 )

ACRディテール

今日はハイブリッドS2を使用したACR(Advanced Cranking ROD)のディテールを紹介します。

まず、ACRのコンストラクションはブランクスルー構造になります。なんだかんだ言ってもグラスコンポジットなので、バット径はそこそこある訳で、こうした物理的な制約もあって、Jカスタム2.0の1モデルと位置づけるものの本モデルについてはブランクスルー構造になります。

ガイドはティップセクションにチタンを、ベリーからバットにかけてステンレスを採用したこれまたハイブリッド構成。グリップはTCRとUTRに採用するキャスティングアキャラシーを重視した220mmのコークボトル型。

a0183304_946284.jpg


リールを締め込むフードリングも、今回は軽量化を考慮し、カーボンを採用。ただ、巷で大人気の「織り」を施したカーボンではなく、ノースフォークコンポジットらしさを醸し出すローカーボンフィニッシュにしました。

a0183304_9445811.jpg


バットエンドは、より自由な形状設計が可能で、且つ、ラバーコルクに比べ、より軽量化できるEVAを採用。手の中でロッドのエンドをよりスムースに回せるよう、形状はほぼ球体にしました。

a0183304_9571264.jpg


バットネームの両端にあしらいとして使用するカラーは蛍光グリーン。そして、ブランクの仕上げはアンサンドフィニッシュです。

a0183304_959795.jpg


コスメティック含め、ハイブリッドS2では、マテリアルとしての新規性をより明確にアピールするため、従来のデザインを一部で踏襲しつつ、細部をリファインした仕立てとしております。

グラスならではのゆったりとした復元スピードを、カーボンロッド並みの軽さで両立させたハイブリッドS2を体感頂くため、是非、バサーオールスタークラシック会場ではお立ち寄り頂ければと思います。
by bluepeaks | 2016-10-24 10:25 | Jカスタム