North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

2016年 06月 09日 ( 1 )

リネンファイバー(その4)

さて、一連のリネンファイバーネタは今日で一旦終了とするつもりです。

a0183304_927127.jpg


その最終回はリネンの毛羽立ち、つまり、素材としての適度な「粗さ」がもたらすものについて。

それは捻れに対する柔軟性。

これを伝えるちょうど良い写真が手元にないので、文字のみとなりますが、それこそティップを指先で摘んで、クルッと1回転させることだって出来ます。これはリネンの繊維として粗さによるもの。繊維の1本1本が言ってみれば「アンカー効果」を発揮して、互いに絡みつくので、捻っても破断しない、という訳です。

グラスのソリッド素材でも同じような特性が見られますが、中空構造であるリネンの場合、きっとグラスよりも遥かに軽く作ることが出来るはず・・・。

なんだかこれまた応用の範囲が広がりそうな予感でございます。

ということで、2016年5月31日、ゲイリーの75回目の誕生日にリリースした新素材リネンファイバーを使ったEDGEフライロッド"En.V(エンヴィー)"と、フィッシングロッド用の新マテリアルであるリネンファイバーの話は一旦ここで終了とさせて頂きます。

a0183304_954552.jpg


写真のゲイリー、いったい何歳だ?
by bluepeaks | 2016-06-09 09:29 | EDGE