North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

SOW:エクストラパワー
at 2017-11-21 09:10
SOW:ライトTX
at 2017-11-20 16:10
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-06 15:48
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-04 15:52
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-02 17:55
SOW:スクールボーイズ
at 2017-10-31 14:21
SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ノースフォークコンポジットってどんな会社?(part3)

素朴な疑問から始まったノースフォークコンポジットの会社としての特徴の話

今までのところをまとめると「ノースフォークコンポジットはアメリカ合衆国ワシントン州ウッドランドに生産拠点を置く、研究開発型のブランクメーカー」となる。そこで、今回はこの「研究開発」の成果を改めて見てみたい

まずハイブリッドS2。グラスファイバーといえばSグラス、Eグラス、UDグラスと新旧様々な選択肢が世の中にある中、ノースフォークコンポジットが採用したのは世界中の誰もが未だ試していなかった最も硬いグラス素材、S2グラス。

a0183304_1517228.jpg


市場で価値が認められ、素材、製法ともに、既に確立されている既存のグラス素材には目もくれず、そもそもグラスを使う価値って何だ、グラスならではの良さって何だ、どうしてカーボンがあるのに一部の釣り人はグラスを好んで使おうとするのか、と言った疑問に真正面から取り組み、出した答えがS2とIMのハイブリッド。このコンビネーションならグラスならではのアドバンテージを活かしつつも、グラスならではのディスアドバテージ、重さとか、ダルさとか、振動収束にかかる時間などの課題が解消出来る、と出した答え

まさに研究開発の成果ではないか

a0183304_15395350.jpg


続いて天然素材である「麻」を使ったリネンファイバーのブランク。中空構造である麻の繊維としての特性を生かし、バンブーの様なゆったりとした復元力を、カーボンファイバー並みに軽さの中で両立させた優れもの(これがどのくらい優れたものなのか、近いうちに別の形で報告出来ると思う)

a0183304_1521296.jpg


麻と言えば太古の昔から人類が利用してきた繊維の一つで、今なお日常的に使われている身近な素材の一つ。そんな優れた繊維も繊維の束をまとめる樹脂がなければ加工性も上げられないし、生産性も上げられない。ならば、と麻専用の樹脂を自社で開発し、プリプレグ(シート)の形にまで作り上げてしまったノースフォークコンポジット。

a0183304_15215021.jpg


ここ数年、こんなペースで、誰もが挑戦していなかった新素材を世に送り出したメーカーって他にありますか?

近年の世界的なスローアクションへの回帰の動きもあり、グラスだったり、リネンだったり、比較的ゆったりとした味わい重視の開発が続いたが、近いうちにこれらとは違う趣のものをお知らせ出来ると思う。

乞うご期待
by bluepeaks | 2017-11-06 15:48 | 四方山