North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

SSR64ULファイナルテストでの一コマ

ミドストと言えばクリアウォーターのリザーバー・・・というのが一般的なイメージかと思いますが、条件さえあえば、ビッグレイク琵琶湖、それも南湖で、とても有効なアプローチになりうるって話をお一つ。

その条件ってのがベイトフィッシュの存在と水の色。その二つの条件が揃った時、ミドストがとても効果的なアプローチになります。そんな琵琶湖(というか南湖)の一面をファイナルテストでの1コマからご紹介。

a0183304_1125569.jpg


皆さんお馴染みに南湖の風景かと思います。今この時期、丁度、昨秋に生まれた稚鮎の群れが南湖にも落ちて来て、それを狙ってポストスポーナーもボディウォーター沿いに(トム)クルーズしてるので、そいつらをミドストでフワフワ〜っと狙う訳です。

で、SSR64ULを絞り込みながら上がってきたのが・・・コレ。

a0183304_11294491.jpg


ドドーンと、57センチ。

a0183304_11302974.jpg


ロッドはSSR64UL。ベイトは、ゲットネットのジャスターシャッドの3.5インチ、カラーは青ジャコ。ラインはクレハのR18フロロリミテッドの4ポンド。

そう4ポンドラインです。本当なら5ポンドを使いたいところですが、リグの操作性を重視し、また、フルベンドした状態で、さらに魚に絞り込まれた時の、ロッドの動きを感じておきたかった、という理由で敢えての4ポンドラインだった訳です。

アングラーは西のテスター近藤さん。

a0183304_11392426.jpg


近藤テスター曰く

「57㎝釣れました〜( ´ ▽ ` )ノ ロッドためてたら、勝手に上がってきて、ビックリ!バットのパワーもフルに使って、ロッド全体でしっかり魚とのやり取り出来ました〜」

a0183304_1128487.jpg


そう、写真の通り、SSR64ULは、ルアーを操作する時はティップセクションで、魚が掛かってからはロッド全体をフルベンドさせて、ロッド全体の力で魚を浮かせ、寄せる竿。なので、4ポンドラインでもこのサイズが獲れるんですね。

これぞプログレッシブアクション!

こうしたブランク特性は、ホント、ノースフォークコンポジットのDNAというか、ゲイリーが愛して止まないスティールヘッドフィッシングから来ているんです。

SSR64ULは近日中に受注開始予定です。

今しばらくお待ち下さい。
by bluepeaks | 2016-06-28 11:58 | Jカスタム