North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

テーパーとアクション

内外を問わず、そして、プロアマを問わず、混同され使われていることの多い用語の一つに「アクションとパワー」がある、って話を以前取り上げましたけど、今日は同じ話題で他のケース。そう、タイトルにある「テーパーとアクション」、これについて取り上げてみたいと思います。

釣りに限らず、こうした日常的に使われているんだけど、いざその意味は?って聞かれると、わかっているようで、わかっていない外来語って結構あると思います。外来語であるが故に、本来の意味を知らずに、人づてに聞いた言葉や、書籍で目にした言葉を、話の前後関係からなんとなーく推測して、そのまま使い続けちゃう・・・、で、周りもみんなそんな感じだから、お互いに突っ込むこともなく、疑問に思うこともなく、使い続けて早数十年・・・というのは外来語あるあるでしょうか。

でも、そもそも言葉には必ずちゃんとした意味がある訳で、逆に言えば、ちゃんとした意味がなければ言葉として人々の間に広まっていくこともないはず。英語であれ日本語であれ。

そんな日常的に使っているんだけど、イマイチ理解出来ていない英語の用語に出会った時、本来の意味を知る上で超使えるのが「英英辞典」。何と言っても英語を英語で説明しているので、英語を母国語としている人たちがどういう意図で、その言葉を使っているのか、そんな気持ちもわかったりするもんです。なので、目線を同じくするという意味でオススメです。まぁ、最初はしんどいでしょうけど。

で、そんな英英辞典にはこう書いてあります。

Taper(テーパー)とは、

a0183304_167188.jpg


"a gradual decrease in the width of a long object"、つまり、長い物体の幅が徐々に減少していくこと、とあります。

なので、これをロッドの話に置き換えると

「徐々に径が細くなっていく物理的な形状、もしくは、細くなることそのもの」

これをTaper(テーパー)って呼んでいることになります。

もう一方のAction(アクション)は

a0183304_1614190.jpg


"the way in which something such as a chemical or process has an effect on something else"とあります。ちょっと面倒くさい感じですが、ザックリ訳せば「科学物質とか、工程とかによる影響および作用」ってこと(actionには多くの意味があるので、最も適当と思えるeffectの意を抜粋)

なので、同様に、これをロッドの話に置き換えると、

「外的な負荷に対して、そのロッドがどのような曲がりを見せるのか」

これをAction(アクション)って呼んでいることになります。

まとめると、Taper(テーパー)とは先が細くなっていく物理形状のことであり、Action(アクション)とは外的な負荷に対して描くベンディングカーブ、もしくは、その負荷により発生する復元力、ってこと。

でも、なんで急にこんなことを話題にしているのかって?

それは、なかなか会えないけど、この業界の中で働く大先輩からお電話を頂いたから。

ごっつあんです。
by bluepeaks | 2016-02-26 16:24 | ブランク