North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

アーロン・マーテンスが強いわけ(まとめ)

さて、昨日で全10回が終わったので、ここで一度まとめておきます。

a0183304_13402663.jpg


強さの理由1:自然への敬愛

マーテンスは、幼少の頃から"Nature Boy"、つまり、「自然児」と呼ばれていた。彼の母は、彼が釣竿が持てるようになると同時に彼を釣りに連れて行っていた。トラウトフィッシングに行った時など、釣りをしていない時は、とにかく自然の中で遊び回っていた。そして、ありとあらゆる生き物を捕まえていた。マーテンスはそんな少年だった。

「僕はいつもちょっと違っていたよ。とにかく自然の虜だった。そして、テレビで言われていることや、本に書いてあることなど、あらゆることを自然から学んだよ。なので、なんか勘みたいなものが働くんだ。湖で釣りをしている時、水の中で何が起こっているのか、ピンと来ることがある。本当にそう思っている。魚は動物だよ。だから、大半は、予測可能なんだ。僕はもしかしたら、ルアーの出しどころとか、移動のしどきだとか、そんなことを感じるセンスを持ち合わせているのかも。でも、このセンスは、自然というものが如何に移ろっているのか、その理解から来ているものだと思うんだよ」

強さの理由2:コンディショニング

プロアングラーも立派なアスリート、という認識を持ち合わせていない人は、一度、マーテンスと時間を共有すると良いだろう。彼は毎週15マイルから20マイル(24キロから32キロ)走り、腹筋、腕立てのどちらか、もしくはその両方を毎日120回こなしている。トーナメント期間中でも、ウェインの後に3マイルから4マイル(4.8キロから6.4キロ)走り、夕食を準備する傍らストレッチをし、夕食を摂りながら腕立て30回、腹筋30回をこなす。

マーテンス曰く「今、僕はベストコンディション。だからとっても確信を持っているんだ。なぜ、今年、このような充実した年になったか、ってね。1年を通じて何処かに痛みを感じたことなんて一度もないよ」

ツアーに出ている時でもマーテンスの食生活はとても健康的だ。それは、ツアーに際して、彼の妻が用意した食事のおかげだ。彼の妻は、ツアーに際して、2回から3回のトーナンメント分の食事を用意し、それを冷凍し、パックする。さらには、常にベストなパフォーマンスを発揮出来るよう、プロテインの摂取量を二倍にし、同時に、バランスにも気を配っている。

「食べることは寝ることよりもずっと大事なんだよ。釣りをしている時にさ、空腹感を感じると、雑になるだろう。散漫になるし、気持ちも乱れる」

マーテンスは、自分のことをちょっとばかりエキセントリックだと認めている。マーテンスは大の靴嫌い。基本はいつでも、どこでも裸足。必要があれば、フーティーズ("footies":googleによれば日本で言う「アンクルソックス」みたいなもん)を履く。

「だいたいどういう感覚で釣りの時にブーツなんか履くのか、俺にはさっぱりわからない。10万ドル貰ってもあんなもの履かないよ。キツ過ぎる。足枷みたいなもんだ。スローになる。いちいち足元を見ないとボートのどの位置に立っているのかわからないし・・・あれはダメだ」

強さの理由3:献身的な妻

マーテンスが釣りに集中出来ているのは、彼が家を留守にしている間、育児に奔走し、そして、彼の仕事を手伝ってくれる妻の存在があってのこと、とマーテンスは考えている。彼の妻、レズリーは、ツアーに際して、彼の食事を用意するばかりでなく、全ての旅支度から提出書類の準備、スポンサーとの調整など、あらゆる仕事をこなす。

「レズリーは本当昼夜を問わず一所懸命働くよ。それがあって初めて僕は釣りに集中出来るし、家に居る時は子供たちと濃密な時間を過ごすことが出来るんだ。時々、もの凄く忙しくなることがあるけど、そんな時でも仕事にそんなに時間を費やさなくてもいいのは、彼女がカバーしてくれるからなんだ」

強さの理由4:成熟

マーテンスは、駆け出しの頃、常に精神的にもがき続けていたことを認めている。

「かつては他人のことを気にしたり、細かなことばかりを気にしていたんだけど、今はもうそんなことない。自分の力だけではどうしようもないことは放っておいて、目前の出来ることだけに集中するんだ。なすべき時に、正しい判断を下す。それで、本当にうまいこと回っているんだ」

強さの理由5:独立独歩

マーテンスは、トーナメントに際して、事前に情報を集めたり、誰かに助けを求めたりするタイプではない。彼はそうした行為こそがアングラーの弱体化を招くものだと、信じている。

マーテンスは言う「そうした情報はフィッシャーマン本来の姿を変え、長期的にはダメにしてしまうんだ。誰にも助けを求めないからトーナメント中、度々、困難に直面する。でも、そうした困難こそが己をさらに強いアングラーへと導いてくれるんだ。そんな日々の努力こそがいつの日にか必ず報いてくれるものだと信じているよ」

マーテンスは、ボートドッグで他のアングラーと情報交換することを避け、さらには、格好の情報交換の場と化すモーテルにステイすることも避け、ひとりキャンプ場で大半の時間を過ごしている。

「そうした情報が聞こえくる環境に自分をおいておきたくなんだ。なぜなら、少なからず自分自身の考えに影響を与え、本来の自分の行動の妨げとなるからなんだ。そういうことが繰り返されていることは知ってる。でも、そういう情報交換というものは、結果的にはアングラーをダメにしているに過ぎない」

強さの理由6:プラクティス

プリプラクティスについては様々な考え方がある。あるアングラーはカットオフ前に釣りをすることは、本番が始まった時、本番での思考プロセスに決して良くない影響を与えるものだ、と信じている。つまり、コンディションというものは常に変わるものであり、カットオフ前と同じ状態であることは非常に稀だからだ。

前年のイベントにあわせ、トーナメントサイトのうち3つをプラクティスしたマーテンスは、仮に以前にプラクティスした場所であっても、プラを繰り返すことで、少しずつではあるが、より深くボディーウォーターのクセが理解出来るもの、と信じている。

例えば、2013年のサーバインリバーで行われたエリート戦では(これはマーテンスがAOYを獲得する前年)、彼は85位に終わった。しかし、その後、彼は、この年のカットオフ前に再びサーバインリバーを訪れた。そして、昨年のトーナメントでは3位になっている。

マーテンスは言う「どのエリアがポテンシャルを秘めているのか、前回訪れた時からボディウォーターにどんな変化があったのか、これを理解出来たことがとても役に立った。僕は、1年のうち、違う季節にプラすることが好きだ。なせなら、魚の動きと、その湖特有のクセが理解出来るからね」

強さの理由7:グラフィング・スキル

ソナーの原理を理解し、それをアドバンテージとして実釣に活かすこと、これはマーテンスにとって非常に大きなものだ。カリフォルニア生まれのマーテンスは、西部の湖のディープを釣りながら、液晶画面のソナーが登場するずっと前から、ペーパーグラフのソナーでスキルを磨いてきた。

「かつてのソナーには今のような多くの自動設定機能がなかった。だから、どのようにソナーを設定するのか、マニュアルで設定する方法を学ぶ必要があったんだ。最近のソナーの自動設定機能は本当に良く出来ているよ。でも、僕は未だに全てをマニュアルで設定している。全てを正しく設定出来た時には、バスとベイトを明確に識別出来るし、さらには、ベイトの種類さえ判別出来るようになるんだ」

マーテンスはハミンバードのオニックスを使っている。彼によればそれは多様なマニュアル設定が可能だとか。ダウンスキャンをちゃんと調整すれば、彼には、尻尾から胸ビレまで明確に見極めことが出来るという。

「魚探マスターになれば、そのメリットをフルに活用すること出来るようになるよ。特に、バスがオフショアにいる時のトーナメントにおいては絶対さ」

強さの理由8:タックルノウハウ

マーテンスは、彼が使っている全てのタックルの、それも膨大な量のタックルのマスターであると、と言える。

「あるベイトを見て、それがどんな動きをするものか、言い当てることが出来る。市場にはたくさんの優れたタックルがあるが、より良いものを作り出し続けることは至難の技だ。試したことがあるもの、本物を使う。極々少量しか流通しないニッチなベイトは追いかけない。常に実践的で且つより多くの魚を釣ることが出来るベイトをボートの中から見つけ出すことが出来るよ」

マーテンスはビッグベイトも複数携行しているが、大半は7インチ以下のものだ。

「ビッグベイトでコンスタントに魚は釣れる。でも、より小さいベイトの方がより多くのバイトが得られる」

マーテンスは、生まれながらにして備わっている感覚を活かし、夜間の気温から水温、湿度、気圧の変化まで、ありとあらゆる外的な要因に注意を払っている。

「次に起こりうるを感じることが出来るんだ。そうしたちょっとした変化は、どんなルアーを使えばいいのか、これを教えてくれるんだ。他のアングラーに助けを求める人たちは、どんなベイトを使うべきか、という情報を頼りにしているが、僕の場合、自分のセンスと知識を頼りにルアーを選んでいるよ」

強さの理由9:整理整頓

ツアーに出ているアングラーのうち、マーテンスほどタックルの整理に注意を払っているアングラーはいない。オフシーズンにはタックル整理に1日10時間も費やすほどだ(解説;つまり、それを何日か続けている、という意味でしょ)。彼は他の誰よりも多くのルアーを持ち運ぶ。そして、ルアー以上にターミナルタックル(解説;フックとか、シンカーとか、スイベルとか、日本で言う「小物」)にも気を使う。湖上で使ったルアーは、容易に手にすることが出来て、且つ、プロテクトされたカスタム・ストレージで、カテゴリ毎に分類し、ストックする。

「タックル整理に関しては、他の誰よりも神経を使っているよ。中にはとても良く整理しているヤツもいるけど、僕ほど時間を費やしてないな」

マーテンスは、ジップ式のポリ袋、タックルボックス、汎用のボックスを使い分けて、種類とサイズに応じてタックルを分類している。

「耐久性が最も高くて、そして、防水性も兼ね備えたボックスを使っているよ。とにかく湿気が大敵。だから、湿気からタックルを守れるよう、出来るだけのことはやってる」

マーテンスはツアーに出ている時、滅多に買い物をしない。なぜなら、それは準備が行き届いているからだ。

強さの理由10:バーサタリティ

西海岸の湖を釣り込んで来た彼のバックグランドのためか、マーテンスといえばドロップショットであり、フィネスの達人と目されているが、彼はその他多くのルアーの使い手もである。

「別にドロップショットを好きでやっている訳じゃないよ。ドロップショットを使わなきゃいけない時は正直イラっとする。でも、最も汎用性の高い釣り方なんだ。年間を通じて、いつでもどこでも使える」

それだけドロップショットが汎用性に富んでいたとしても、マーテンスは、スピナーベイトでも釣るし、フロッグでも釣る。事実、彼は、2015シーズンを通じて、彼にとってスピナーベイトが最もプロダクティブなルアーだったと言っている。

「スピナーベイトはとてもバーサタイルなルアーだよ。今年は1/4オンスから1と1/4オンスまで全部使ったよ。スピナーベイトだったらシャローも釣れるし、ディープも釣れる。スカートの色だって変えられるし、ブレードのサイズだって変えられる」

マーテンスは自身をイケてるクランカーだと思っている。スイムベイトも同じく必要不可欠な存在だと。

どのタイミングでどのルアーを使うべきか、これ見極める力こそが、マーテンスが3回にわたりAOYを獲得出来た大きな理由だ。

「バスフィッシングって変わったスポーツだよ。だって、これはないだろう、と思っていたものが時として効いたりするんだ。湖上での経験と魚の動きを知ることは、そうした直感的なスキルの向上に役立つ。それは僕が誰かに教えてあげられるようなもんじゃないんだ。だって、未だに時々ビックリすることがあるくらいだからね」
by bluepeaks | 2016-02-05 13:40 | B.A.S.S.