North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

アーロン・マーテンスが強いわけ(その8)

8番目の理由は、

a0183304_13562082.jpg


「タックルノウハウ」

説明不要だと思いますので、早々に本題へ入ります。

マーテンスは、彼が使っている全てのタックルの、それも膨大な量のタックルのマスターであると、と言える。

「あるベイトを見て、それがどんな動きをするものか、言い当てることが出来る。市場にはたくさんの優れたタックルがあるが、より良いものを作り出し続けることは至難の技だ。試したことがあるもの、本物を使う。極々少量しか流通しないニッチなベイトは追いかけない。常に実践的で且つより多くの魚を釣ることが出来るベイトをボートの中から見つけ出すことが出来るよ」

マーテンスはビッグベイトも複数携行しているが、大半は7インチ以下のものだ。

「ビッグベイトでコンスタントに魚は釣れる。でも、より小さいベイトの方がより多くのバイトが得られる」

マーテンスは、生まれながらにして備わっている感覚を活かし、夜間の気温から水温、湿度、気圧の変化まで、ありとあらゆる外的な要因に注意を払っている。

「次に起こりうるを感じることが出来るんだ。そうしたちょっとした変化は、どんなルアーを使えばいいのか、これを教えてくれるんだ。他のアングラーに助けを求める人たちは、どんなベイトを使うべきか、という情報を頼りにしているが、僕の場合、自分のセンスと知識を頼りにルアーを選んでいるよ」


確かにタックルの話なんだけど、

話の中心があっちに行ったり、こっちに行ったりして、

おまけに、文そのものがナチュラル過ぎて

日本語にするのが難しいっス

散漫な感じがするのも、原文がそんな感じなので、ご容赦下さい。



だからね、この手の雑誌は、英語の勉強には向かないんだよ(to ナウいちゃん)
by bluepeaks | 2016-02-02 14:56 | B.A.S.S.