North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ロッドチューブの活躍の場

今月からJカスタム2.0に標準添付する竿袋を、ロッドグローブ社のロッドチューブに切り替えさせて頂いた訳ですが、ちょっとした使い分けのポイントを。

ロッドチューブのメリットは何と言ってもリグった状態で持ち運べること。

ロッドチューブというと、どうもその生い立ちから何となくバスボート用のもの、って考えられがちですけど、むしろ活躍の場はオカッパリの方が多いかと。

リグった状態のままサッと被せて移動。
移動先に着いたらチューブをサーッと引き抜いて釣りを再開・・・

という風に。

特に複数のロッドを持ち込む時とか、トレブルフックが付いたハードルアーを使っている時とかに便利。

a0183304_18104994.jpg


これに対して旧添付品であるアジャスタブルロッドソックスはレンタルボートとかアルミボートで釣りする人に最適。何故ならサクっと折り畳めるから。ロッドチューブの難点は畳めないこと、そして、嵩張ること。だからはレンタルボートとかアルミボートだとスペースの関係上、結構取り扱いが面倒だったりする訳です。なので、リグったらサッサと畳んで仕舞えるアジャスタブルロッドソックスがオススメ。

a0183304_18133220.jpg


そんなこんないろいろ考えている訳ですが、お客さんとか、販売店さんとかに「超使えますよ」とか、評価頂けるとそりゃー嬉しかったりする訳です。

たかが竿袋、されど竿袋な話。

みなさん、あるなら使いましょう!
by bluepeaks | 2015-11-16 18:20 | Jカスタム