North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

SOW : パンチ&フリップ
at 2017-09-20 18:32
SOW:ファットイカ aga..
at 2017-09-16 11:22
ほぼベイトフィネス
at 2017-09-16 11:04
JCB、AMEXでの決済もス..
at 2017-09-12 11:54
SOW:楽しさ再確認
at 2017-09-12 11:44
入荷のご案内
at 2017-09-11 10:36
あなたが知らないバスに関する..
at 2017-09-09 12:25
SOW :夜明けのクローラー..
at 2017-09-09 09:08
入力時に画面が勝手にスクロー..
at 2017-09-07 16:50
更新にはちょっと時間がかかります
at 2017-09-05 10:33

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

PFR71のベンディングカーブ

タイトルの通り「PFR71のベンディングカーブ」と題して、Jカスタム2.0のデザイナーである塚本謙太郎さんがPFR71MHとPFR71Hのベンディングカーブをブログにアップ。

これを見れば、想定する釣りに応じてアクションを変えている様子が、そして、MHとHのパワーの違いが一目瞭然。

ただ、今回は、より多くの皆さんに見て欲しいので、敢えて塚本さんのブログをここで引用させて頂きます。

-----------------------------------
以下「塚本謙太郎のブログ」から
-----------------------------------

PFR71シリーズについて、「HにするかMHにするか悩んでます!」というご質問が多く、この辺り文章や写真(動画)ではなかなか伝わらないのでとても難しいのですが、色んな重さでそれぞれベンドしてみましたので参考になれば幸いです。

まず、1ozシンカー4個、つまり28g×4=112g。

PFR71MH
a0183304_9353980.jpg


PFR71H
a0183304_936359.jpg


このように71MHの方がちょっとだけティップが入るのが見て判ると思います。



次に500mlのペットボトル(約500g)

PFR71MH
a0183304_9371984.jpg


PFR71H
a0183304_9373771.jpg


この辺りの重さになると、2本のテーパーの違い、71MHがEXファースト、71Hがモデレート気味なファーストなのがはっきり見て取れます。



続いて1ℓ(約1kg)のペットボトル。

PFR71MH
a0183304_9384538.jpg


PFR71H
a0183304_939728.jpg


71MHの方はティップが入りきり、バット部分の張りが出始める辺り。71Hの方はまだティップが残っており、ベリー部分にもまだ余裕があります。



最後に2ℓ(約2kg)のペットボトル。

PFR71MH
a0183304_94057.jpg


PFR71H
a0183304_9403833.jpg


これぞプログレッシブテーパーという感じの曲りで、EXファーストの71MHがベリーからバットに掛けてスムーズに負荷移動をしてるのが分かります。これによって応力集中し断面が楕円化する事無く、ブランク全体をサスペンションとして使う事が出来るという訳です。71Hの方も無理なくブランク全体で負荷を受け止めているのが判ると思います。重めのウェイトの物を投げるなら71Hの方が向いているというのが、この写真からも見て取れるのではないでしょうか。

ロッド選びの際、一番良いのは実際に見て、触って確かめてもらうのが一番なのですが、今のご時世なかなか難しい部分もあるかと思います。

この記事が少しでもお役に立てればと思います。

-----------------------------------
引用おわり
-----------------------------------

MHとHでアクションを変えた理由、その最大の理由は、想定ルアーウェイトの差でした。それはもう、スペックを見ればわかるように、ほんとちょっとの差です。でも、そこで立ち止まって考えなきゃいけないのは1日のキャスト回数。ピッチング&フリッピングと言えば、手数こそが勝負な訳で、手数を増やすために、発展してきた釣りとも言える訳です。だからこそ、1回、1回の差は、1日の釣りで考えると、キャストの回数だけ増幅されて、とても大きな差となって現れる訳です。これってエクササイズと同じですよね。で、より快適に、集中力を保ちつつ、続けるにはどっちが向いているか・・・、ってことです。だから想定ルアーウェイトに応じて、アクションを考えること・・・これは見過ごせないな、と。エクストラファーストが全てのケースにおいて最適解であるはずがない・・・のは皆さんがわかっていることのはず。

だから、きっとカバーフィッシャーマンならわかってもらえるはず。

そんなこんな、あーだ、こーだとやった結果のブランクデザインなのでした。

今年の夏はアイスコーヒーの詰め合わせを送るかな?!
by bluepeaks | 2015-07-07 10:01 | Jカスタム