North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

SOW:日本海でワインド楽し..
at 2017-07-26 15:53
フィニッキー
at 2017-07-21 11:09
NFX S66ML出荷予定に..
at 2017-07-20 17:25
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-07-20 17:21
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-07-20 11:04
ミドスト in CANADA
at 2017-07-20 10:54
SOW : Smile On..
at 2017-07-19 09:13
カナダ人凄腕ガイドがミドスト..
at 2017-07-15 11:56
ハイブリッドS2のチカラ(そ..
at 2017-07-11 16:29
スクリーンショットコンテスト
at 2017-07-10 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

そして6フィート5インチへ

そんなこんな紆余曲折を経ながら一度は6フィート6インチに落ち着いたのですが、最後の最後にどうしても考慮すべきポイントとして塚本謙太郎さんからインプットを受けたのがグリップ長でした。当初はTCR、UTRと同じ220mmで検討を進めていたのですが、防寒具を着込んだ中、下さばきをすると220mmのグリップでもエンドがちょっと邪魔になる・・・と。

ジャークベイトの出しどころって、簡単に言うと、フツーの釣りでは釣れない時なのだと思います。クランクベイトとか、スピナーベイトとか、チャターベイトとか、何処にいっても、いつでも、なんだかんだ釣果の8割くらいを安定して引き出している「いつもの釣り」が時として全く効かなくなった時、そんな時こそが出しどころなのでは?と。寒い時がまさにその一つ。で、寒い時は当然防寒着を着込んでいる訳で、そんなアングラーのアウターも考慮する必要があるんじゃないか、と考えた訳です。

ロッドワークの向きは除外する、としたのは、あくまでもリールシートからティップ側の実効ブランク長を決める段階での話。ロッドを振る度にバサバサとエンドが当たるようではやっぱり釣りのリズムが崩れる・・・

ならば、バランスが維持できる範囲内で調整、ってことで最終的に落ち着いたのが200mmの新グリップ。ただ、ブランク長は最後のプロトの長さをどうしても活かしたかったので、ロッド長が6フィート5インチとなったのでした。

a0183304_1025119.jpg


ってことで、今春リリースするジャークベイトロッドの長さは6フィート5インチです。
by bluepeaks | 2015-01-30 10:54 | Jカスタム