North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

一兆円受注

yahooニュースによれば、東レが航空機向けの炭素繊維をボーイングから1兆円分受注したそうです。一兆円って・・・「どんだけー」ってことですが、今も昔も航空業界はカーボン繊維の大口顧客の一つ。製造技術の向上とコストの低減で、今後は、自動車産業へも転用されていくことが期待されています(ってか、たしかBMWがオールカーボンの車を出しましたよね?)。

ゲイリー・ルーミスの7つのエピソードにも書きましたけど、かく言うゲイリーもカーボン繊維のイロハを学んだのはボーイング社から。そんなボーイング社がワシントン州にあったからこそ、サプライヤーである炭素繊維メーカーやその関連メーカーもワシントン州に集まり、そんなサプライヤーがワシントン州にあったからこそ、多くのフィッシングロッドメーカーもかつてワシントン州に工場を構えていた・・・とは個人的な推測。

ところで、そんな炭素繊維ですが、よくカーボンは使っているとヘタる・・・とか、腰が抜けて来る・・・とか、言われることがありますけど、そこに科学的な根拠はあるんでしょうか?だってですよ、飛行機のウィングにカーボンが使われているんです。そんな数年で経年劣化してくるようなものを航空機メーカーが機体に使うことなんてあるんでしょうか?人命を預かる航空機メーカーがそんなジャッジするなんて到底思えないんですけど・・・
by bluepeaks | 2014-11-17 16:14 | 四方山