North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

SOW:救世主!
at 2017-12-11 09:14
SOW:サイレントブレイカー
at 2017-12-09 10:54
カタログ外ブランクの個別取り..
at 2017-12-08 15:20
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-08 09:48
冬の釣り
at 2017-12-08 09:37
ハイブリッドS2のフィニッシュ
at 2017-12-07 18:48
NFX S62Lプロジェクト..
at 2017-12-02 16:47
2017 Thank YOU..
at 2017-12-01 16:58
NFX S70MHの推奨ライン
at 2017-12-01 10:37
S70MHガイドセッティング
at 2017-11-30 11:16

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ホームレンジ

アシ撃ちなどをしていると、1匹釣れたらその周辺はたぶん釣れないだろうな、って思っています。そう思うのは、水域と餌の量の関係から生息出来る魚の数、密度にも限界があるはずで、いくらイイ場所であっても、そんなに魚が付けるはずがない、と思っているから。

a0183304_16311432.jpg


でも、最新号のロドリに掲載されている「ブラックバスの行動学」によれば、餌を求めてウロウロするラージマウスの行動範囲(ホームレンジと呼ぶらしいです)は、だいたい半径50mから100m程度。で、ラージマウスの場合、このホームレンジに縄張り意識は持っていないのだとか・・・

ということはつまり、イイところには魚はもっといる、ってことになるんです。確かに連日入れ替わり立ち替わり攻められていても、いい場所には、必ず魚が入ってくるもので、しかも、明らかに違う個体な訳で、なるほど、そういうこともあるかと半分は納得するんですが、生存競争のため、餌取り場に固執するんじゃない?と未だに疑問は残るんです。

a0183304_16324334.jpg


でも、何でそんなことに拘るかって、釣れた直後であっても、もっと丁寧に撃つ必要があるのか、どうか、って事が知りたい訳でした。

今夏、ユーティリティ68Hでの打撃が楽しいぃ
by bluepeaks | 2014-07-27 16:32 | バス