North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-06 15:48
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-04 15:52
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-02 17:55
SOW:スクールボーイズ
at 2017-10-31 14:21
SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

スルー?ジカ?N?

昨日のエントリー「リグの変化につれて」でもはてさてどう書いたものかと一瞬迷ったスルーリグであり、ジカリグであり、Nリグと呼ばれているリグ。気になった序でにググって見た結果がコレ。

Nリグ=438,000
ジカリグ=27,500
スルーリグ=1,870

現時点では「Nリグ」が独走しています。でも、このまま定着していく様にはどうも思えないので、呼び名が今でも幾つかある「ドロップショット」を例にググってみた結果がコレ。

ドロップショット=1,560,000
ドロップショット 釣り=751,000
ダウンショット=690,000
ダウンショット 釣り=429,000
常吉 釣り=305,000
常キチ 釣り=246,000
ツネ 釣り=163,000

「ドロップショット」単独キーワードだと1,560,000ヒットもあるんですが、大半はテニスの「ドロップショット」の様です。少なくとも最初の1ページは全部テニスの「ドロップショット」でした。なので、これに「釣り」というキーワードを加えてみたところ751,000ヒット。「ドロップショット」+「釣り」の∩集合の方が「ダウンショット」単独で引いた時よりも多いと言う、個人的には驚くべき結果。きっと皆さん「ダウンショット」って呼んでいるのだろう・・・とばかり思っていたんですが、実はここも既にグローバリゼーション!?

因みに英語ならどうなるかと言うと・・・

"drop shot fishing"=1,480,000
"down shot fishing"=28,200

これはもう想像通りの結果で、数が全然違います。

つまりです。今後もきっとこれと同じ様な事が起こるはずで、スルーリグとか、ジカリグとか、Nリグとか呼ばれているリグも、最終的にはアメリカでどう呼ばれるか、というところに大きく依存している様な気がします。

で、これは僕の予想ですが、国土が大きくて、多民族から構成されているアメリカの場合、定着する言葉は少なからず「名が体を表している」もの、と思っています。なので、今後、デファクトスタンダードになりそうなのは、3つの中では「スルーリグ」かな、と思っています。
by bluepeaks | 2013-10-12 09:52 | タックル