North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

SOW:エクストラパワー
at 2017-11-21 09:10
SOW:ライトTX
at 2017-11-20 16:10
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-06 15:48
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-04 15:52
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-02 17:55
SOW:スクールボーイズ
at 2017-10-31 14:21
SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

バナナ伝説

ノースフォークコンポジットではフィッシングブランクだけでなく、ボートのオールも作っています。尤も、チューブラー構造のものであればオールに限らず、何でも、例えば、ヨットのマストなんかも、作ってしまいます。

a0183304_21192299.jpg


写真はドリフトボート用のオール。ドリフトボートとは、川を下りながら釣りをするための平底のボートで、基本、エンジンなどの動力は付いていません。推進力はオールのみ。これで川を下りながら、要所要所で釣りをするというスタイルです。

a0183304_21234826.jpg


このドリフトボートによる釣りが最初に考案されたのが、何を隠そう写真のMcKenzie River(マッケンジーリバー)。オレゴン州のEugene(ユージーン)という町から20マイルくらい内陸側に入ったところにあるフライフィッシャーの間で有名な川なんですが、ご覧の通り、殆ど「河原」というものが存在しません。つまり、ウェーディングするスペースが殆どない訳です。だから故に、こうしたボートでの釣りが考案され、発展したのだと、現地に赴き、思いっきり納得した次第です。

a0183304_21481330.jpg


で、釣りそのものはどうか?というと、やっぱりボートで下りながらの釣りとなるため(基本、動き続けています)、距離の置き方から、キャストの間合い、流し方まで違うので、一定の慣れが必要、と感じました。それにやはりオールで漕ぎながらの釣りとなるため、魚をスプークさせやすい。なので、本当にクオリティフィッシュを釣りたいのであれば、ここぞと思うスポットについては、一度やり過ごした上、下流で船を岸に付け、そこからウェーディングで釣り上がった方が間違いなく良い結果をもたらすだろう、と思いました。

この日はフライフィッシングに初挑戦の塚本さんも含め、合計3人で釣りをしていたのですが、唯一、残念ながら貧果に終わってしまったロジスティクス担当スティーブのバッグを見れば(車のトランク内ですけど)、な、なんと、あるじゃないですか!バナナが・・・

a0183304_22122768.jpg


やっぱりあるのかも。

*アメリカにおけるバナナは日本で言う梅干しの存在と一緒です。
by bluepeaks | 2013-10-07 22:24 | 四方山