North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

SOW:日本海でワインド楽し..
at 2017-07-26 15:53
フィニッキー
at 2017-07-21 11:09
NFX S66ML出荷予定に..
at 2017-07-20 17:25
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-07-20 17:21
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-07-20 11:04
ミドスト in CANADA
at 2017-07-20 10:54
SOW : Smile On..
at 2017-07-19 09:13
カナダ人凄腕ガイドがミドスト..
at 2017-07-15 11:56
ハイブリッドS2のチカラ(そ..
at 2017-07-11 16:29
スクリーンショットコンテスト
at 2017-07-10 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

視覚と嗅覚を刺激するリアクションの釣り

今回も出張期間中、様々な経験をしましたが、中でも個人的に興味深かったのはサーモンフィッシング。サーモンフィッシングというとでっかいスプーンを流れにクロスに投げて、扇型状にリトリーブして、目の前を横切らせてリアクションバイトを取るもの、と多くの人がイメージしているかと思いますが、確かにこれも1つなのですが、実は、サーモンフィッシングには、もっともっと沢山のアプローチがあります。

広く知られているところで言えば、遡上前のサーモンを生き餌で釣るムーチング、スプーンやスピナー、プラグを使ったルアーフィッシング、ウェットフライやストリーマー、エッグフライを使ったフライフィッシングあたりでしょうか。川に遡上したサーモンは、淡水域に入ると同時に、産卵モードになり、捕食を止めます。つまり、ルアーやフライなど、アプローチは変われど、いずれもがリアクションバイトなんです。でもですよ、そんな食欲からは口を使わなくなったサーモンを、活餌で釣る釣りがあるんです。バックバウンス(ルアーを使ったバックバウンスもあります)、ホーバーリングなどと言われる釣り方なんですが、いずれもまるでお腹が減っていない魚の目の前に、長時間、それはそれは魅力的な餌を漂わせて、あたかも遠い過去の海での記憶を刺激し、無理やり口を使わせるというもの。合理的なものが大好きなアメリカ人が考えた、これ以上ない、視覚と嗅覚を刺激したリアクションのエグーい釣りです。そんな釣りで使う餌がコレ。

a0183304_1011499.jpg


サーモンエッグ、つまり、筋子です。この筋子をフックに房掛けにして、さらには餌落ち防止と、匂い増強を兼ね、エビの尻尾を刺すという、イクラ汁ドロドロの、匂いプンプンの餌。コイツをボートからバーチカルに遊泳層に落として、泳いでいるサーモン群れの目の前に、エレキで少しずつ上流から下流へと近づいていって、チラチラと漂わせ続けるという釣りです。どんだけエグいんだよ、って話ですが、面白いのはそのアタリの出方で、普通に考えればこんなゴージャスな生き餌なので、ガッツーンと出るやと思いきや、実は所謂「居食い」。ほんのちょっと咥えるだけで、反転なんか絶対にしません。だから、釣り人は、ティップをじーっと見てて、ティップがちょっとだけお辞儀した瞬間にガッツーンと合わせを入れます。まるでチヌのイカダ釣りか、そんな世界だと思うんですが、それだけ繊細なアタリの出方です。つまりコレ、食欲で口を使っている訳ではない、って証だと思います。

でもですよ、こんなゴージャスな餌を使って、流れの中で、目の前にチラつかせし続けたらさぞかし釣れるだろうと思いきや、これがどうしてなかなかそんな事なかったりするんですね。

a0183304_1023466.jpg


写真は「持っている」人が釣ったこの日船中唯一のキングサーモン。その他は「ジャック」と呼ばれるキングサーモンの幼魚ばかり。まぁ、食べて美味しいのはジャックなんで、夕食に数で貢献したのは明らかに僕ですけど。

格好なんか置いといて、あくまでも貪欲に、そして、あくまでも効率的に釣果を追い求めるアメリカの釣り。これも一つのスポーツフィッシング大国、アメリカの釣りです。
by bluepeaks | 2013-10-01 10:54 | サーモン&トラウト