North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13
NFXスペック(その2)
at 2017-03-29 11:41
グリーンスパイダーの提供も開..
at 2017-03-28 18:02
NFXスペック(その1)
at 2017-03-28 17:38
CONGRATS!!
at 2017-03-27 09:43
修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

説明責任!?

ICASTが開催されていた灼熱のラスベガスから無事帰国し、昨日より業務を再開しました。ご注文頂いておりました皆様、お待ち頂き、ありがとうございます。

さてさて、ここ数年、アメリカ便に乗ると必ずと言っていいほど何かハプニングがあるのですが、今回もありました。

まず往路。今回は、初めて羽田発のシアトル便に乗ったのですが、何と羽田で離陸前に、飛行機の中で2時間も待たされました・・・。結果、この2時間の遅れを引きずったまま太平洋を渡ったので、シアトルに着いた時には、乗り継ぎ便は既に遥か彼方へ・・・。で、航空会社が用意したホテルに1泊して、翌朝、ラスベガスに向かった次第です。また、帰国時には、ラスベガスの空港で約1時間半待たされ、あわや羽田行きの国際線に乗り遅れそうになる事態に・・・。いずれも大したことじゃないのですが、ここ数年、何もなく平穏無事に、定刻通りに飛んだ記憶がない。

で、本題の説明責任なんですが、恐らく訴訟社会であるが故の自己防衛策の一つだと思うのですが、実は、トラブルの発生時における、英語での説明と、日本語での説明にはかなり差があります。簡単に言うと、英語では初期から詳しく説明されているのに対して、日本語では端折られています。

今回の例を上げれば、羽田での2時間の遅延を英語では「エンジンの不良により、エンジンを乗せ換えますので(マジか!)、時間がかかります・・・」であったのに対して、日本語では「機体の調整のため、もう少々お時間を頂戴します・・・」ってな感じです。

ラスベガスでの遅延については、英語では「フライトアテンドがまだ来ていないので、離陸の準備は整っていますが、米国航空法に従い、離陸することが出来ません。再三、携帯に電話をしていますが、いまだ連絡が取れません。繰り返し連絡していますので、もう少々お待ち下さい(マジか!)」と。そこまで説明するぅ?って言うくらい、細部まで説明するのですが、一方の日本語では「離陸準備が遅れています。もう少々お待ち下さい」で終わり。勿論、その後、時間が経つにつれ、不安を感じた人達が問いかけるので、日本語でも詳しい説明がなされたのですが、初期段階においては、これだけ違う訳です。

コレ、別に「日本人を舐めてる」とか、そういう話ではなく、恐らく何かがあった場合、ちゃんと説明していたのか否か、が裁判で大きな争点になる、説明していなかった場合、大きなペナルティを課せられるアメリカの司法事情によるものだ思うんですが、あまりにも情報の開示レベルが違うので、驚くやら、呆れるやら、イラつくやら・・・

しかし、「フライトアテンダントが時間になってもゲートに来ない」とか、「携帯に電話してるけど、全然出ない」とか、面白過ぎるんですけど、アメリカ人。

今回も貴重な経験をしました。
by bluepeaks | 2013-07-17 09:53 | 四方山