North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

Froggin' Rods

週一更新が定常化しつつあります今日この頃です。

さて、ここのところ何故かフロッグロッドに関するお問い合わせを多々頂いております。まぁ、ここで「何故か?」って言うのもちょっと白々しかったりするんですが・・・。そんな中、共通しているのが、今まで「フロッグロッド」とされてきた既にマーケットにあるガチガチなロッドではなくて、もっとティップの柔らかいロッドが欲しい、という声。

実は今、九州と関東でせっせとテストをしていまして、そのテスターさん達からも同じインプットを貰っています。バイトさせた魚とボートの間に分厚いマットカバーがあるようなシチュエーションでは、従来の様なガチガチなヘビーパワーのロッドも必要になるだろうけれど、そもそもそんな分厚いカバーなぞ、日本全国探し回ったって、そんなにある訳でもなく、ましてや、そのカバーの奥に魚が入ってくるタイミングなど、そりゃ限られて来る訳です。そんな稀なシチュエーションのためにガチガチなロッドを使い続けるか!?というと、やっぱりそこには無理がある訳で、長続きはしないのです。

なので、もっとキャストがしやすく、アクションもつけやすい、取り回しの良いティップアクションでライトなフロッギングロッドも欲しい・・・と。

でも、これ、日本固有の要件、って訳じゃなくて、それまで今一つパッとしなかった中空ボディのホローベイトを、カバーの奥の奥で、浮かせて寄せるベイトとして、フロッグを見事に昇華させたあのディーンロハス先生もビデオの中で同じことを言っています。

曰く「・・・ザラスプークみたいにドッグウォークさせられることも一つだけど、それ以上に大切な事は、フロッグをボートドッグとか、オーバーハングとか、カバーの奥へスキップ出来るキャスタビリティ。そのためには、ショックアブソーバーの如く働くティップが必要」と。まぁ、ざっくりですけど、こんな事を言ってます。

で、このロハス先生の話をそのまま受けた訳じゃありませんが、あーでもない、こーでもないと、意見を交わした末、テスターさんが選び出したのが6パワーのブランク。これを6'8"で組んで、一人はアシ際で、一人はリザーバーのオーバーハングでフロッギングしてます。
by bluepeaks | 2013-06-14 11:17 | ブランク