North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

グリップジョイント

アメリカンロッドと言えばブランクスルーみたいに思われがちですけど、最近ではそうでもなかったりします。写真はSt741-1(HM)というスチールヘッド用のブランク。

a0183304_8254980.jpg


1パワー、つまり、ウルトラライトパワーのブランクなのですが、1パワーということもあって、スチールヘッド用のブランクということもあって、やはり柔らかいのです。ですので、これをそのままブランクスルーで組んでしまうと、魚がかかった時、手元も思いっきりベンドしてしまうのです。フライロッドの場合は、グリップの曲がりも含めて楽しむ、みたいなところがあるかと思いますが、殊、リールで巻き上げる類の釣りにおいては、手元の曲がりはファイト中、結構厄介だったりします。ガタつくし、スムースに巻き取れないし。なので、グリップの補強を目的として、写真の様に、パイプとジョイントするブランクもあるにはある、という話です。ただ、割合で言ったら圧倒的にブランクスルーが多いのですが。
by bluepeaks | 2013-05-03 08:25 | ブランク