North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

結構タイヘンです

サクサクと削れてしまう反面、コルクの内径調整って意外とタイヘンだったりします。削ること自体は簡単です。ですが、良く削れる分だけ、削り過ぎてしまったり、下手するとセンターが狂ってしまったりと、なかなか厄介なモノ。削り過ぎたってテープやタコ糸で嵩上げすればイイじゃん・・・と言えばそうなのですが、そうなるとどうしても一体感というか、密着感が損なわれてしまう訳で、折角の目の詰まったコルクも台無しです。しかも、「まぁいいか」って笑って済ませることが出来ない位、高かったりします。特に、1本、1本、仕様が異なるカスタム、それもブランクスルーで組む場合は問題です。なので、時としてミリ単位での調整(↓)を、職人さんにお願いすることがあります。こうして見ても実に美しい・・・

a0183304_22391593.jpg


何気にブランクスルーで組む時、コルクグリップの内径調整が最も面倒だったりします。
by bluepeaks | 2013-04-30 22:49 | カスタムロッド