North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

CONGRATS!!
at 2017-03-27 09:43
修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ルアーフィッシングだよね

今年からスポンサー企業の1社として名を連ねさせて頂くことになりましたH1 GRAND PRIX会場にお邪魔してきました。最高気温が10度に届かない非常に厳しいコンディションの中繰り広げられた第一回大会。その戦いっぷりについては、別途各誌からレポートがあると思うので、ここでは割愛させて頂きまして、自分なりに感じたことを一つ。

ステージ上で魚が披露される瞬間のみならず、魚を持ち帰った選手の口からウイニングルアーが告げられる度に、会場からは「おぉ~」と声が上がるんです。これがとても新鮮。

3人が1匹ずつを持ち帰るという厳しい内容であったが故、その分盛り上がった、という一面もあるかとは思いますが、恐らくそこには、「同じ様なルアーを投げていたのに・・・」というモヤモヤ感があったり、「答えはそれだったのか・・・」という最後までやり切れなかった自分への苛立ちがあったり、色々だと思います。それにしても、釣れたルアーに、釣れた場所、釣れた時間帯、アプローチのしかた、動かし方、魚の出方などに、参加者のそれこそ全員が一喜一憂するその楽しみ方がとても印象的な大会でした。

懐かしいと言ったら大袈裟になるかも知れませんが、食性に訴えるだけでなく、魚そのものの習性を理解した上で、人間が智慧を絞って作り出した擬似餌で、より大きな魚を釣る、というルアーフィッシング本来の楽しみ方の一つを久しぶりに見た様な気がしました。

次回以降は、大会参加者のみならず、より多くの皆様に試投頂けるよう、事前にこの場で告知した上、試投用ロッドを持参したいと思います。

a0183304_11203083.jpg


a0183304_1121145.jpg

by bluepeaks | 2013-04-22 11:25 | イベント