North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

啓蟄

1日遅れですが、昨日は啓蟄。虫が土の中から這い出して来る日です。

昔釣りをしている時、この啓蟄という日の意味を、間近に感じだ経験があります。それは今から20年位前、神奈川県のリザーバーでのこと。夕方、辺りが薄っすらと暗くなって来た頃、静まりかえっていた湖面に、ボシャンと拳大の土の塊が落ちた様な音が響きました。土や石、木片などが湖に落ちること自体、決して珍しいことではないので、目もくれず、そのまま釣りを続けていたのですが、しばらくすると、また同じボシャンって音がするんです。まぁそんなこともあるだろう、位に考えて、なお釣りを続けていると、また同じ所で、同じ様にボシャンって音がする。すると、今度は、今までの静寂が嘘だった様に、そこらじゅうでボシャン、ボシャンと岸から何かが落ちてくる・・・。しかも、目を凝らせば何だかビミョ~に動いている・・・。

薄暗いし、怪奇現象みたいで超気持ち悪かったんですが、恐る恐るエレキで近づいてみると、そこにはなんとおびただしい数のヒキガエルが。切り立ったバンクから落ちて来ていたのは土の塊でも、石でも、木片でもなく、全部ヒキガエル。

恐らくは冬眠から目覚めて来たのだと思いますが、それが丁度、啓蟄の日だったので、今でも鮮烈に覚えている訳です。春のこうした生物の行動って、その年によって変動する気温とか、水温よりも、日照時間に大きく支配されている様に感じています。それ故に、暦の上の分岐点として成立するのかと。

楽しい季節はすぐそこです。
by bluepeaks | 2013-03-06 16:09 | 自然