North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

応用問題に挑戦!

昨年の春にお客様から「スチールヘッド用のブランクをヘチ竿に使ってみたいんだけど・・・」とご相談を頂きました。最初はどうしてもスチールヘッド用のブランクとヘチ竿が特性的に頭の中で結びつかず、?連発だったのですが、よくよくお聞きすれば「なるほど~」な着眼点。

想定する釣りは、道糸1号、ハリス0.8の細仕掛けによる落とし込みの釣り。まさにヘチ釣りです。これ自体、特に珍しい点はないはずです。そんな中、なぜスチールヘッド用のブランクをヘチ竿に使ってみようと思ったのか、そのポイントは二つ。

一つは強風時における竿捌き。ヘチ釣りなので、釣り場は防波堤です。当たり前ですけど、吹きっ晒しです。風裏なんてありません。強いて言えば風が当たっていない面がある位ですが、そんなところは逆に風がグルグルと舞っている訳で、実は、もっと始末が悪い。そんな中、カニとか、貝をナチュラルにフォールさせ、クロダイを誘う釣りなのですが、風が強いと、ブランクが風に押されて、ロッドの操作性が著しく低下してしまうそうです(そんな感じがします)。そこで、まず、風対策の観点からブランクの表面積は出来るだけ小さくしたい、つまり、ブランク径を細くしたい、という要件が導き出された訳です。

でも、ただ闇雲にブランク径だけを細くすれば良いか、というと、勿論そんな訳はなく、そこはやっぱり釣りな訳で、掛けたクロダイはキッチリ取り込みたい、そのためにも魚を瞬時に浮かせるだけのパワーが欲しい、ということで、お問い合わせを頂いた次第です。まぁ、百聞は一見しかず。頂いた写真がコレ。

a0183304_133536100.jpg


そして、実釣レポート。頂いたメール本文より引用し、紹介します。

「細身でありながらシャキッとした素材なので、強風時でも疲れにくく、操作性は非常に良好でした。実際、魚を掛けてみるとベリーからバットに掛けての曲がり方は絶妙で、魚の引きに合わせ柳のようにスムーズに曲がってくれました(市販竿のように叩かれるといった感触はゼロです)。この日もハリス0.8号でやり取りをしたのですが、ほとんど糸は出さずに竿のタメだけで浮かすことができました。不安なく細仕掛けでやり取りできると、取り込みにも時間がかからず、地合でも魚を散らさず効率よく釣りができそうです」

とまぁ、アドバイスさせて頂いた側としては、これ以上ない幸せな気分に浸れるのでした。因みにご利用頂いているブランクは以下です。

St 960-2(IM) 4-8  Slow  Ultra Light テイップ1.6mm  バット10mm ウエイト53g

なお、ヘチ竿仕様とするため、ティップをカットし、そこにグラスのソリッドティップをジョイントしているとのこと。

ノースフォークコンポジットならではのプログレッシブテーパーによる応用問題の解答例でした!
by bluepeaks | 2013-02-24 13:49 | ブランク