North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20
SOW:ファーストフィッシュ!
at 2017-10-05 11:24
SOW:秋のシャローゲーム
at 2017-10-04 08:52

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

そんなに軽く見ないで!

女性の捨てセリフじゃなくて、TCRのウェイト、自重のことです。

仕上げが「ローカーボンフィニッシュ」であるがためなのか、TCRを手にしたお客様の多くが「軽ぅ~っ」とおっしゃいます。でも、実のところTCRは、そんなに軽くありません。平均的なウェイトで言うと、TCR610Lで約130g、TCR610MLで約120g、TCR610Mで約130gです。各社が公表しているカタログ値を見れば明らかな様に、この数字、決して特に軽い訳ではありません。むしろペイントもしていないのにこのウェイトって、重い方なのかも知れません。

じゃ何で?理由は簡単。とっても圧巻だからです。自身でビルドをされるお客様なら気付くと思いますが、全体的にノースフォークコンポジットのブランクは圧巻です。厚く巻くということは、使う素材の量も多く、手間もかかるし、コストもかかるんです。でも、代えがたい、圧巻にしか出せないトルクとパワーがあるんです。

a0183304_18225385.jpg


写真は、TCR610Lのブランクの切断面です。バッドエンド付近ですが、この部分で内壁の厚さ、なんと2mmもあります。ソルトウォーター用のブランクならまだしも、これでバス用です。売ることだけを考えるのであれば、誰しもが考える様に、まずはティップ径とバッド径も細くして、それを薄巻きで仕上げて、張りと軽さを強調することでしょう。でもゲイリーが考えるブランクにはこの厚さが必要なんです。まるで真逆です。なんでこんな手の込んだ事をわざわざするのか・・・。巻く技術力がないから?大雑把だから?面倒臭いから?適当なマンドレルが手元にないから?いずれも違います。この厚さがないと、出せないパワーとトルク、粘りがあるからです。だからこそ、わざわざ手間暇かけて、こんなにも厚く巻いている訳です。

なので、話しを戻すと、TCRは、決して軽い竿ではありません(それでも十分軽いとも言えますが)。でも、この圧巻にしか出せないパフォーマンスがあるんです。それを是非、皆さんには楽しんで頂きたいと思っています。

因みに「ローカーボン」の「ロー」は"raw"で、「生の」という意味です。決して「列」という意味の"row"じゃありません。ましてや「気分がロー」なんて使う「低い」とか、「乏しい」と言った意味の"low"でもないので、ご注意を。
by bluepeaks | 2012-11-27 18:50 | Jカスタム