North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

安定感をもたらすもの

今週末は悲願のBassmaster Classic Qualifierとなった宮崎友輔さんの壮行会にお邪魔してきました。

クラシック出場を決めた直後のインタビューにもある様に、ここまでの道のりは長かった・・・。調べてみれば今日までなんと通算128のトーナメントに出場とあります。マッディーウォーターのフラットレイクからクリアウォーターのリザーバーまで、全米を舞台にしたB.A.S.S.エリートシリーズ。そんな多種多様なフィールドで、以前よりも成績が安定してきた理由として、彼の口から出てきた言葉は、ランディング率の向上。曰く「いくら工夫してもバイトの数を今の倍にすることは不可能。だから、ここ数年は、とにかく掛けた魚を確実に獲っていくこと、つまり、ランディング率を上げることに意識を払ってきた」と。戦いが長期に渡るからこそ、フィールドが広大で、多種多様であるからこそ、こうした些細とも言える意識の仕方一つで、成績がこうも変わってくるものなのか、と改めて考えさせられた次第。

a0183304_17163623.jpg


2013のクラシックは、年明け2月、厳寒期のオクラホマ州で開催されます。時期的に間違いなくバイトの数は少ないはずです。だからこそ、そうした小さな意識の差が結果を大きく左右するトーナメントになるのではないか、そんな風に思っています。

頑張れ!宮崎友輔
by bluepeaks | 2012-11-18 17:29 | B.A.S.S.