North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ルアー・フィッシング

実家の本棚から小学生の時に買った「ルアー・フィッシング(金子陽春著 釣り人社発行)」が出てきた。初版の発行はなんと昭和46年。裏表紙に自分の名前と小学校のクラス名が書かれているので、恐らくこの本を僕が買ったのは昭和54年。ルアーって何?という時代から半歩抜けだした、言わば黎明期も後半と言ったところだったのかも。ルアーの名前とか、ルアーメーカーの名前などに適度に誤字や脱字、それに誤りがあって、それはそれで楽しかったりします(フラダンサー[ジッターバグ]とか)。しかも、その一つ一つに横線を引いて、訂正していたりして、何とも自分らしいなぁ、と思わずニヤけてしまいます。

a0183304_2128687.jpg


そんな「ルアー・フィッシング」なんですが、対象魚の習性や釣法に関する解説の前段として、「釣り人としてのあり方」をとうとうと語っている点がとても印象的で、曰く「漁から派生してきた釣りではなく、遊びから発展、進化してきた釣りであるからこそ、多獲主義から脱却しよう」と主張しています。しかも、こういう考え方って、西洋発の「ゲーム・フィッシング」固有のものではなく、実は、江戸時代の日本にも既にあって、釣果にばかりこだわっていると周りから「青二才」と見られたとか。

とまぁ、こんな感じなので、釣り欲ギンギンの小学生には全く不向きな本だったのでした。

トッパーの人達って、こうした江戸っ子的精神を一番受け継いでいる様な気がします。
by bluepeaks | 2012-11-13 22:12 | 四方山