North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

レギュラーテーパーへの回帰!?

「あの頃から」という様に明確に時期を特定することは出来ないのだけれども、この10年間、バスに限らず、様々な分野で先調子の竿が好まれて来た様に思います。スレた魚たち、荒れたフィールド、個体数の減少、環境の悪化など、そんなマイナス要素が重なりあい、以前と比べて魚が釣れなくなって来ている今、一匹でも多く釣るために、より確実に釣果を得るために、釣りそのものがますます繊細な方向に走り、その釣りを支える道具として、先調子の竿が選ばれている、こんな風に理解しています。

今日、市場で売られている竿の多くを見ればわかるように、今もなおこの傾向は続いている。でも、ここのところ、長いこと釣りを楽しんで来た人達を中心に、明らかにこうした先調子の竿とは違う竿を求める動きがあるように感じています。具体的には負荷に応じて、ベリーまでしっかりと曲がり込む、いわゆるレギュラーテーパーの竿。勿論、ベロンとしたレギュラーではなくて、ピシッと一本、筋の通った竿。

キャスティングの局面だけを考えれば、スイートスポットの広い竿。これが単なる思い過ごしなのか、それとも釣り人として成熟した先にある指向なのか、その辺は良くわかりませんが、お客様と会話していると、そんな風に感じる事が多々あります。でも、コレ、言ってみればテニスで言うデカラケとか、ゴルフで言うキャビティー付きのアイアンみたいなもの。アリだと思うんですけど、キャスティングにもこういう捉え方が。
by bluepeaks | 2012-09-21 23:29 | ブランク