North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ちょっとしたエポキシの除去に

この夏、かれこれ20年以上にわたりジュエリー・デザイナーをやっている学生時代からの友人に会いました。弾む会話の中、話はなぜか接着剤へと移り、聞けばジュエリーの接着にも殆どエポキシが利用されているとか。石、金属、プラスチックという多様なマテリアルを、しかも、超小さい接点で、しっかりと接着するのに無くてはならない存在なのだとか。いやいやホント広範囲に渡って使われているスーパーな存在です。

そんな中、特に興味深かったのは、サンプルで作ったジュエリーの分解方法。接点が極々小さいものであっても、正しく混合され、完全硬化したエポキシは、滅多なことでは剥がれないもの。でも、サンプルで作ったものを再利用する場合なんか、一度組んだものをバラす必要がある。そんな時、どうしているのか?なんとこれが煮ているのだそうです。

なるほど~

で、早速、エポキシが付着した状態のワインディング・チェックを煮てみたところ、これがまた綺麗に取れるんです。見た目と質感が全てとも言えるジュエリーの世界で採用されている方法なんで、当たり前と言えば当たり前なんですが、軽く感動!

ワインディング・チェックとか、金属系パーツの再利用時にお試しを。
by bluepeaks | 2012-08-23 10:37 | グッズ