North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

グリーンスパイダーの提供も開..
at 2017-03-28 18:02
NFXスペック(その1)
at 2017-03-28 17:38
CONGRATS!!
at 2017-03-27 09:43
修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

絞り込むための工夫(アルトン・ジョーンズ編)

ケビン・ショートと同じく、アルトン・ジョーンズもなかなか荷物を減らせない人なのだそうです。

余りにもソフトベイトを積み過ぎた結果、プレーンしなくなったボートを見て、何とか減らそうと頑張ったケビン・ショートに対して、アルトンは、ほぼ逆ギレ状態で、プラクティス時には今でもありとあらゆるタイプのソフトベイトを100ポンドあまり、積み込んでいるとか。曰く「だってプラだし、いろんなものを試したいから」。コレ、ソフトベイトの本質を見切った上での行動なのか、それとも単に諦めているのか・・・

でも、さすがにトーナメントの時には、ボートのパフォーマンスを殺さないため、出来るだけ乗せるソフトベイトは絞り込むように努力しているみたいです。それだって総重量はハードベイトよりもソフトベイトの方がはるかに重い。だからアルトン先生曰く「ソフトベイトは必ずリアのコンパートメントに収めろ。さもないとボートが走らん・・・」

さすが石油産出国に育った人は違います。

って事で、タイトルと内容が見事にズレた記事でした・・・orz
by bluepeaks | 2012-07-28 11:54 | ルアー