North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ディープ直撃はやっぱりこのリップ?

新旧様々なディープクランクが溢れる中、ディープクランク合戦になると決まって登場する鉄板的なルアー「ホットリップス・エクスプレス」。これをグリグリやった日にはリーリングする腕の付け根が筋肉痛になるほどです。「そんな軟弱なのはオレだけか?」と思っていたら、実はそうでもないようで、8月号のBasserによるとアーロン・マーテンスも相当なエネルギーを消費しながら巻き続けていたとか。

アメリカ人でさえ消耗するホットリップス・エクスプレス。肉体的にも、精神的にもタフでないと巻き続けられないシロモノですが、結果が指し示すように、やっぱりこのリップでしか到達出来ないアングル、レンジ、プロダクティブゾーンがあるということなのだと思います。

a0183304_23442925.jpg


ルーハージェンセンのウェブサイトでは、どのモデルがどの位潜るとか、他社のディープクランクと比べて潜るアングルが違うとか、時にはこんな使い方があるとか、そんなこんなを纏めたテクニカルシートとテクニカルレポートが公開されていますので、興味のある方は是非(英語ですけど)。

知ってはいるけど、未だに試したことのないレイダウンの中にホットリップスを放り込むカバークランキング。濁りが入った時などに面白いことになりそうですが、さすがに躊躇してしまいそうです。
by bluepeaks | 2012-07-18 23:56 | ルアー