North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

SOW:救世主!
at 2017-12-11 09:14
SOW:サイレントブレイカー
at 2017-12-09 10:54
カタログ外ブランクの個別取り..
at 2017-12-08 15:20
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-08 09:48
冬の釣り
at 2017-12-08 09:37
ハイブリッドS2のフィニッシュ
at 2017-12-07 18:48
NFX S62Lプロジェクト..
at 2017-12-02 16:47
2017 Thank YOU..
at 2017-12-01 16:58
NFX S70MHの推奨ライン
at 2017-12-01 10:37
S70MHガイドセッティング
at 2017-11-30 11:16

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

原始的ですが、結構強度もあります

オフセットグリップの場合、選択の幅が広いだけに、ロッドの全長をどうするか、迷ってしまうケースもあるかと思います。そんな時は、写真の様に、水糸をエポキシ系接着剤で固定し、外径を調整することにより、実釣を通して好みのロッド長を決めることが出来ます。

a0183304_212935.jpg


もの凄く原始的な方法ですが、硬化したエポキシの適度な粘度がうまく働き、容易に手元でブランクの長さを調整することが出来ます。勿論、キャストしても問題もありません。魚だってランディング出来ます。さらには、NFCで採用しているローカーボン・フィニッシュなら、こうした硬化したエポキシ樹脂でもその後綺麗に剥ぎ取ることが出来ます。

大概は思い込みで決めてしまうことが多いとは思うのですが、迷った時とか、どうしても実釣で使って納得してから決めたい時などにどうぞ!
by bluepeaks | 2012-05-20 21:10 | カスタムロッド