North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

で、一体いくらなの?

話が前後してしまいますが、「で、カスタムロッドをオーダーした場合、一体幾らなの」という話です。

すでに何回か触れていますが、ブランクからガイドからグリップまで、これはもうコンポーネント次第。
でも、これでは話が前に進まないので、ざっくりと金額を出してみた結果がこうです。

まず最初にブランクですが、ファーストムービング用にバスからソルトまで、多くの皆様にご愛用頂いておりますMB664-1(SM)を使うものと想定します。MB664-1(SM)は、マグバスシリーズ、SMマテリアルの中の中核モデルで定価は13,680円です。

次にガイドですが、殊、日本では、デファクトスタンダードと表現することさえ出来る富士工業のニューコンセプトガイドを使用するものとします。今回は、ベイトキャスティング用として販売されているガイドセットの中から、SiCリングで、ステンレスフレームのガイドとします。この定価は4,300円です。因みにチタンフレームの場合は6,300円です。

そしてグリップですが、飾りたてるとキリがないので、今回は、思いっきりシンプルにしたいと思います。具体的には、ストレートコルク+フォアレス・グリップです。リールシートは、富士工業のECSと呼ぶブランクに直接触れることが出来るタイプにします。グリップは、250mmのストレートコルク。フォアレスなので、フォアグリップは無し。ただ、リールシートの前部にはアルミ製のワインディング・チェックを付けることにします。そしてさらに、バットのエンドにエンドキャップを付けます。これらパーツ代の合計が5,150円です。内訳はこんな感じです。

リールシート:850円
コルクグリップ:2,500円
エンドキャップ:1000円
アルミ製ワインディングチェック:800円
合計5,150円

以上、コンポーネント代の合計が23,130円です。

ブランク:13,680円
ガイド:4,300円
グリップ:5,150円

そしてさらに、これにビルダーさんに支払う技術料、つまり、ビルディング費用が加わります。ビルディング料は、ビルダーさん毎にまちまちで、ロッド1本につきいくら、という価格設定を採用しているビルダーさんもいれば、トップガイドの取り付け料がいくら、シングルフットガイドの取り付け料がいくら、ダブルフットガイドの取り付け料がいくら、という様に作業毎に細かく価格を設定しているビルダーさんもいます。ですので、ここでは、15,000円程度として見積るものとします。

ということで、上記条件でオーダーした場合の総額が38,130円です。非常に大雑把ではありますが、だいたいこの位の金額となります。

例えばこれに「コルクグリップを細くシェイプしたい」、とか、「アクセントとしてグリップの各所にアルミパーツを使いたい」、とか、「ガイドをラップする(巻き止める)スレッドの色をパープルとシルバーのコンビネーションにしたい」とか、そんなコスメな要素を盛り込んでいくと、それに応じて、パーツ代とそれに関わる工賃が上乗せされる、という具合です。

全てのケースにおいて正しいとは言えませんが、「で、だいたい幾らなの?」という問いに対する、ざっくりとした回答と考えて頂ければと思います。ご参考まで
by bluepeaks | 2012-04-11 18:01 | カスタムロッド