North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

コスメとグリップ

さて、1日空いてしまいましたが、最後に決めるべきことがコスメとグリップになります。これはもう好みを優先させて楽しんだ方がいいです。ただ、余りにもはしゃぎ過ぎると部品代がかさむので、ほどほどに。

このフェーズで注意すべき点を上げるとするならば、取りうるグリップの構造を理解しておくことでしょうか。

グリップには構造的に異なる2つの組み方があって、一つはオフセット、もう一つがブランクスルーと呼ばれているものです。

オフセットグリップとは、ブランクとは別に、テーパーのついていないカーボンパイプを用意し、そのパイプにリールシートとグリップを取り付け、そのパイプ上部からブランクを挿し込み、接着する方法です。パイプを継ぎ足すため、ロッドの全長調整が可能で、且つ、手元の剛性感がアップするメリットがあります。日本製ロッドの多くで採用されている方法です。

これに対して、ブランクスルーとは、ブランクそのものにリールシートとグリップを直接接着する方法です。メリットはなんと言ってもブランクとの「一体感」。ブランクそのものの性能を余すところなく堪能するものです。市販されているアメリカンロッドの殆どがこれです。ただ、ブランクスルーの場合、注意しなければいけないのは、ブランクが柔らかい時です。ブランクに直接リールシートとグリップを接着するため、大きな負荷がかかった時、ブランクと共にグリップ部も湾曲します。ファイト中、実際に握っているのはリールシートであり、リールシート自体は剛性が保てていますから、実用上大きな問題とは言えないかも知れませんが、手元がたわむので、気になると言えば気になります。逆に、フライロッドの場合、グリップごと曲がるその感覚を楽しんだりするものですが。

という様にどちらか一方が正しいという訳ではないので、まずは各々のメリットとデメリットを正しく理解した上で、ビルダーさんと相談しながら決めれば良いでしょう。

ということで、非常にざっくりとした説明ではありますが、これにて「はじめてのカスタムロッドオーダー」を終わりにしたいと思います。ビルダーさんに頼む場合でも、それなりに考えるべきポイントがあるもので、そんなこんな考えているだけで、今までとはロッドの見方も変わってくるはずです。1本作り終わる頃には、立ち位置が変わっているはずです。
by bluepeaks | 2012-04-09 16:57 | カスタムロッド