North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

NFX C66モデル出荷開始..
at 2017-04-27 18:04
オフショアGO! GO!
at 2017-04-26 09:09
NFXの商品紹介ページを公開..
at 2017-04-20 17:01
バードルアー
at 2017-04-19 15:57
マテリアルの差
at 2017-04-17 15:05
ランカークラブ
at 2017-04-17 11:19
EDGE PACEMAKER..
at 2017-04-13 16:03
2.1バットデザイン
at 2017-04-07 12:23
NFXスペック(その3)
at 2017-03-31 16:49
ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

早春のクランキング

バス・マスター・クラシックがいよいよ始まりました。僅差の戦いで、ちょっとした変化への対応次第で順位が大きく変わりそうな展開。記事を読む限り、度重なる異常気象による水位の変動と、この水位変動に伴い発生した濁りがキーファクターの様で、とにかく水の良いところを探すことが第一の条件の様です。そんな中、日本人唯一のクオリファイアーである大森さんは、トップから4ポンド差の14位といい位置に付けています。明日も目が離せません。ガンバレ!

さて、長い間「積ん読」状態にあったBASS Timesを読んでいたら、これからの季節、即実戦出来そうな記事が掲載されていたので、これを取り上げてみたいと思います。

記事は、厳冬期におけるスモールマウスを狙ったクランキングの有効性を説くもの。氷が溶け出したばかりのまだ水温が4度とか、5度とか、誰しもがまずはジグとかワームを結びたくなる状況下においても、実はクランクベイトの方がずっと釣れる、という説。勿論、感覚的なものでも、1回や2回の大当たりの結果でもなく、長い間、煮詰めて来た攻め方として紹介されています。

ただ、使うタックルが少々変わっていて、ロッドは、7フィートのミディアム・パワーのスピニング・ロッド。これに6ポンドラインを巻いたスプール径の大きいスピニング・リールを使うのだとか。なぜスプール径の大きいスピニング?、というと、その理由は、キャスタビリティと潜行深度。狙いどころは、越冬エリアとスポーニングエリアを繋いだ動線上のちょっとした変化。この記事を書いている本人も、最初は、4度とか、5度とか、そんな水温でクランクで釣れるわけがない、と考えていたのだけれど、ジグやワームと比較しても、クランクの方が釣れる、のだとか。まさに目から鱗(Eye-opener)だった、と書いています。

僕自身、毎年春先にはクランクベイトで良いスモールを安定して釣っているので、記事を読んで、「だよね~」と頷くものの、正直、8度位を目安としてきたので(超感覚的なんですけど)、もしかしたらもっと冷たい時でも普通に効くのかも、と記事を読んで、考えを改めているところです。

そして、もう一つ興味深かったのは、さらに突き詰めていった先のタックルとして、7フィート超のスチールヘッド用のロッドをこの釣りに使うと良い、と奨めていること。これってまさにゲイリーがデザインする7フィート11インチのクランクベイト用ブランク"CB7111"そのもの。記事ではスピニングとされていましたが、CB7111にベイトフィネス用のリールを合わせれば、何かとてつもなく良さそうな感じです。

因みにこの釣り向きのクランクベイトとして記事で推奨されていたのは、ラパラのファットラップ、ノーマンの小さい奴(「小さい奴」としか書かれていなかった(笑)、たぶんミドルだと思う)、ルーハー・ジェンセンの1/4 oz.ホットリップス、ボーマーの小さい方のファットフリーシャッド、それにダブル・ディープWee-R。とにかく小さめのクランクベイトが良いのだとか。国産なら一押しはスミスのDepthDo3。

今まで試したことがないのであれば、この春、ジグヘッドやダウンショットで手詰まり感を感じた時、気分転換も兼ねて是非お試しを。釣りがさらに楽しくなるはずです。

a0183304_23245610.jpg

by bluepeaks | 2012-02-25 23:25 | バス