North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ゲージツ化

以前このブログで天地無用の話を取り上げました。今更書くまでもないと思いますが、「上下を逆にしないで下さい」って事です。でも、その後も天地無用な無用は続いていて、半数とは行かないまでも3割くらいは天地がひっくり返った状態でデリバリーされて来ます。

そんな中、先日表参道のギャラリー同潤会で個展を開いていた六度九分の行友さんの訪問時、帰り際に出くわした痴虫松本さんから「上下逆さまだと人間が本能的に違和感を感じる絵にしたらどう?」とのアイディアを頂きました。例えば、上部に空の絵、下部に大地の絵といった具合に。なるほど、文字で幾ら書いても効果が望めないのであれば、絵で直感的に訴える、という作戦。

でも、問題は、余りにも漠然としている空の絵を描くことがとても難しそう、ということ。単に青く塗れば良いというものでもなく、空として認識させるには雲も必要だし、雲だけじゃなくて太陽も、鳥も何匹か飛ばしておきたい、雀じゃ今ひとつ面白みに欠けるので、白鳥か?、などと、1つのダンボールにどれだけ時間をかけるんだよっ、って話になってしまいます。それに受け取る側のお客様にしてみれば「なんだこりゃ?」状態になるはず・・・

出来る出来ないはさておき、痴虫的アイディアから発展させて、面白そう、と思っているのは、川の流れの絵。丁度、ノース・フォーク・リバーを社名としてだけあって、イメージ的にも合わせられそうな気が。でも、これもどうやって描くんだよ・・・ってところが悩みの種。

当分、あーでもないこーでもないが続きそうです。
by bluepeaks | 2012-02-18 11:05 | 四方山