North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ウェブサイトリニューアル
at 2017-08-22 18:22
NFX S66ML出荷準備完了
at 2017-08-22 17:00
NFX S66MLリリースス..
at 2017-08-21 19:00
ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

IM6

もはやナッツいマテリアルとされるIM6。先日とあるお客様と会話している時、あーでもない、こーでもない、と新旧ロッドの話からマテリアルの話へと発展する中、「ところで、昔あったIM6って何?」との質問を頂きましたので、今日はそのIM6に触れてみたいと思います。

ざっくりと今から20年ほど前、エアロスペースでも使われている新時代の新マテリアル・・・みたいなふれこみで売られていた"IM6"。なんかスパイが使うコードっぽくって格好良さげ。しかも、そんなコードが誇らしげに刻まれたロッドが市場で沢山売られていた。所有していた人、憧れていた人、興味あるんだけどないフリをしていた人、いろいろあると思いますが、とにかく数多のメジャー・ブランドで積極採用されていたこともあって、それが何なのか、実は良くわかっていなかったにも関わらず、輝きまくっていました。そんなIM6なのですが、なんと20年経った今でも、今ひとつ実体が知られずにいる強者。

そのIM6の正体、これ、カーボン・シート(プリプレグ)の商標名で、1946年に創業した、主に航空、宇宙、軍備メーカー向けに炭素素材とその複合材料を提供するメーカーHexcelが作っていた(いる)カーボン・シートの名前です。その後、IM6に続き、IM7、IM8、IM9、IM10とバージョンアップされていきました。ところがです、当時、余りにもインパクトが大きかったためか、このIM6と名付けられたカーボン・シートの使用とは関係なく、IM6を名乗るモノが多数あったそうで、混沌に拍車がかかったのではないでしょうか。

いずれにしても今となってはトラディショナルなマテリアルの一つなのですが、アメリカのスチールヘッダーの間では、独特とも言えるしなやかさが今でも評価されているんだとか。きっと日本にいらっしゃいますかね、そういうちょっとノスタルジックな復刻版を求めるお客様。
by bluepeaks | 2012-01-17 21:14 | ブランク