North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

SOW : パンチ&フリップ
at 2017-09-20 18:32
SOW:ファットイカ aga..
at 2017-09-16 11:22
ほぼベイトフィネス
at 2017-09-16 11:04
JCB、AMEXでの決済もス..
at 2017-09-12 11:54
SOW:楽しさ再確認
at 2017-09-12 11:44
入荷のご案内
at 2017-09-11 10:36
あなたが知らないバスに関する..
at 2017-09-09 12:25
SOW :夜明けのクローラー..
at 2017-09-09 09:08
入力時に画面が勝手にスクロー..
at 2017-09-07 16:50
更新にはちょっと時間がかかります
at 2017-09-05 10:33

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

はじめの1本

はじめて自分でビルドした懐かしのロッドが出て来ました。正直言うと、「出て来た」のではなく、「引っ張り出してきた」のですが、先日、渡辺つり具店さんをお邪魔した時のこと、いろいろと会話をする中、「アーティスト」の話になり、それで、懐かしさに火が着いて、探し出した次第。これがそのロッドです。

a0183304_16104111.jpg


実は、最初の1本は、バスロッドでなく、フライロッドでした。丁度、高校受験の終了直後に東京都中央区新富町にあるMacky'sさんで購入したもの。当時は、今と違いルアーとフライは、西洋からやって来た小洒落た釣りという横串で、とかく同じ様に捉えられる傾向があって、そんな漠然とした流れの中、何となくフライにも手を出していた時期がありました。

で、渓流でフライを流してみるのですが、これがまたうまく流れない、というか、どうしたら良いのかさっぱりわからない。特にニンフの釣りが良くわからなかった・・・。そこで、15歳の少年は、竿を長くすれば、もっと容易に、もっとナチュラルにフライが流せるのではないか、と考え(この発想がそもそもテンカラですよね)、それに見合ったロッドを探し始める訳ですが、これまた当時売られていた殆どの渓流用ロッドが7フィートから8フィートで、いずれも手持ちのロッドと大差ない。じゃあ、って事で、予算との兼ね合いから行き着いた先が4番、9フィートの「自作ビルド」だった訳です。

で、肝心の釣果はどうだったか、というと、当たり前ですけど、結論は、ロッドの長さは大した問題じゃなかった。そんなの当たり前だろ!と今では思うものも、そこに至るまでには、随分と時間を費やしたものです。

とまぁ、売ってないから作る、という動機で始めたビルディング。決して他人様には見せられた出来じゃないのですが、渡辺社長との会話の中で自分のルーツを思い出し、ちょっとオールド風に加工した上、写真公開です。
by bluepeaks | 2012-01-15 16:17 | カスタムロッド