North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

300gで比較するとこうなります

昨日に続きSSPシリーズネタです。

300gの負荷をかけている時の曲がり具合が、ちょうど天井にティップを押し当てて自然な力でクイって曲げた時の曲がりに合っている様な気がします、と昨日に記述しましたが、それでは・・・ということで、その300gの負荷をかけた時の写真を重ね合わせみた結果がこれです。

a0183304_22404681.jpg


双方ともバットエンドの外径は同じです。さらに、2ピースということもあり、バットの強さはほぼ同じと言えます。違うのはやはりティップ。昨日の話と重複しますが、ここがこれらのブランクの使い分けのポイントと言えます。主観ですが、ビッグミノーやバイブレーションなど、引き抵抗の大きい大ぶりのルアーを主体にした釣りならば883、ソフトルアーを含め、より小さなルアーを遠投して、細糸で繊細なバイトをとっていく様な釣りには881、と行ったところが切り分けのポイントではないでしょうか。ただ、ULパワーの881でも、4o/zのルアーまで想定の範囲内ですので(キャスタビリティを落ちるでしょうけど)、「最初の1本」であれば881がお奨めですね。

最終的には感覚で確かめる必要があるかと思いますが、ブランクを絞り込む段階においては、こうした画像の比較も有効ですね。
by bluepeaks | 2011-12-30 22:56 | ブランク