North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

相反する特性
at 2017-05-27 10:17
EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

アジャストする能力

人の車を借りて小1時間ばかり運転すると、すっかりその車に慣れてしまい、あれだけ普段から乗り慣れているはずの自分の車にいざ乗り換えて見ると、なんだかギクシャクしてしまう・・・これって、誰しもが経験済みのことだと思います。変化に対して、アジャストするのが早い人、遅い人、それぞれだと思いますが、いずれにしても何か変化が起きると、無意識のうちにアジャストしてしまうのが、我々、人間の本能なのだと思います。

ロッドもこの例と同じで、張り強いカーボンロッドから、グラスやコンポジットのロッドに代えると、直後のキャストは、多少なりともギクシャクするものです。

変化に対して否が応でもアジャストしてしまう本能を持ちあわせているが故、精度の高いキャストを安定して、連続させていくためには、何よりも集中力を維持していくためには、使うロッドは変われども、出来ることなら全て同じフィーリングで扱いたいもの。だから、高弾性ロッドとグラスロッドのような、対極に位置する、真逆とも言える組み合わせではなく、中弾性ロッドを軸に、必要や好みに応じて、高弾性や低弾性ロッドを織り混ぜるコンビネーションの方が、釣り全体がスムースになるような気がするのです。

今日、借りた車に乗りながら、そんなことを考えていました。
by bluepeaks | 2011-12-02 23:59 | カスタムロッド