North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

絶食状態の魚を釣るためのブランク

SSP(Salmon and Steel Head Plugging)本来の使い方について、ご質問を頂きましたので、回答を兼ね、この場で取り上げてみたいと思います。

まず、SSPで使うプラグは、模倣品も含めたウィグルワートか、フラットフィッシュになります。ほぼ、この二つのルアーを標準と言っても問題ないはずです。これを流れに対してクロスに投げ、扇状にリトリーブし、定位するサーモンの鼻っ面に、突然、視界の外側から登場させる訳です。まさにリアクションの釣りです。なぜなら、産卵のため遡上してきたサーモンは、淡水に触れると同時に、一切の餌を食べなくなるからです。だから、リアクションが必要で、ウィグルワートが必要とされるのです。

そんな釣りのためにデザインされたブランクがSSPなのですが、絶食モードであるが故、サーモンは、決して反転喰いしません。それは、あたかもルアーを咥えるような、まるで、ついばむような、繊細な喰い方をするのです。そんな繊細なバイトを取るために、バッドパワーからは想像出来ない様なソフトなティップが必要、というブランクがSSPなのです。

でも、これって日本の他の釣りにも必要とされる要素だと思いませんか?
by bluepeaks | 2011-11-09 18:58 | ブランク