North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

バーリトゥードいよいよ発売開始!

怪魚ハンター武石憲貴さんがプロデュースし、Bomber Factoryさんが1本1本ハンドビルドするアルティメット・ルアーロッド"VALI TUDO(バーリトゥード)"がいよいよ発売開始となります。その仕上りはこちら!

a0183304_9342.jpg


ここで、ちょっとだけコンセプトについて。

何回か紹介しているように、バーリトゥードは、様々なターゲットに対して、重いルアーから軽いルアーまで、この1本で臨むことを想定し、デザインされたロッドです。でも、これ、単に使い回しの効くヘビーロッドという意味ではありません。

ルアー・フィッシングの世界では、重いルアーにはヘビーなロッド、軽いルアーにはライトなロッド、というように、ウェイトに応じたロッドの使い分けが常識とされて来ました。しかし、釣り人として、最高のパフォーマンスを求めるのであれば、出来れば使い慣れた1本で何でもこなしたいはず。

考えたのは、プロフェッショナル・スポーツのアスリート。最高のパフォーマンスを求める時、スポーツの種類に関わらず、彼らは、まず、道具を固定します。その上で、その道具に慣れ、ポテンシャルを100%引き出せるようトレーニングを繰り返す・・・。

道具を頻繁に変えるアスリートなど決していないはず。

連続する精度の高いキャスト、フィーリングを重視したリトリーブ、バイトの感知からフッキング、ランディング。これら一連の動作を考えると、釣りだって、先のアスリートと道具の関係と一緒であるべきじゃないか?

軽いルアーから重いルアーまで、幅広くキャスト出来、ひと度フッキングすると、如何なるターゲットとも真っ向勝負出来る。この二つの能力があるからこその「何でもあり」な訳です。
by bluepeaks | 2011-10-27 12:54 | カスタムロッド