North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

魚のモードに合わせたロッド

水温の低下に伴い、急に釣れなくなります。これは誰しもが経験済みのことだと思います。

魚は変温動物です。つまり、水温が下がると、自分の体温も下がってしまう訳です。改めて考えてみると、凄い事です。平熱が存在しない訳ですから。それが一体どんな感じなのか・・・想像すら出来ません。

で、体温が下がるとどうなるか、というと、代謝率が下がる訳です。さらに、代謝率が下がるとどうなるか、というと、簡単な話、お腹が減らなくなる訳です。なので、餌を求めて動き回ることがなくなります。そして、食べなくても生きて行けるモードに切り替わるのです。

我が家にはミドリガメがいるのですが、夏場はそれこそ水槽から飛び出しそうな勢いで動き周り、固形の餌をバリバリと音をたてながら食べています。しかし、冬になると、暖かい日であろうが、餌を全く食べなくなってしまう。では、冬眠しているのか?と言えば、そんな事はなく、日中などは、それなりに動き回っているのです。で、そんなタイミングで、試しに餌を与えてみるのですが、これがやっぱり食べないのです。つまり、食欲が何処かに行ってしまったのですね。

冬場のバス釣りって、この亀を釣るようなものなのだと思うのです。だから、リアクションが活躍するんです。でも、リアクションだったら、何時でも何でもバックリ喰って来るか?というと、そんな事はなく、やっぱり「いい時間」というのが存在する。

こうしたバスの行動を考えていくと、巻き物用ロッド一つにしても、バスの代謝率に合わせ、時に柔らかく、時に硬くする必要があるんじゃないか?と最近考えています。ハイ・シーズンの様に、ガツーンと喰ってくる時のロッドと、冬の様に、モワッと吸い込むように喰ってくる時のロッドが同じであるはずがない、と。
皆さんもこう感じた事ってありませんか?
by bluepeaks | 2011-10-14 12:02 | カスタムロッド