North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

名脇役の素顔

以前隠れた名脇役で紹介したブランク製造におけるセロファンの働き。過熱で膨張するカーボンを、過熱で収縮するセロファンで覆うことにより、密着させ、熱結合させる、というもの。ブランク・メーカーにでも勤務していない限り、あまり目にする機会もないと思うので、今回、写真を撮ってきました。

a0183304_9253131.jpg


これがセルファンを巻いた状態の、焼きを入れる前のブランクです。丁度、ブランク全体をセロファンで「締め上げた」ところ。この状態にしたブランクを巨大なオーブン・トースターに入れて焼きます。焼き入れした後は、このセロファンを剥がすことになるのですが、剥がし終えたセロファンはこんな感じです。

a0183304_9255325.jpg


このテーブルに書かれているバカボンのほっぺたみたいな渦は、落書きではなく、Garyが正しいセロファンの使い方について、解説したものです。簡単に説明すると・・・

「セロファンの使い方一つでブランクの出来が大きく異なる。なぜなら、セロファンは、過熱により生じる熱と圧をコントロールするものだから。具体的には、レジン(接着剤)がカーボン内部に浸透していく方向と速度を決めている。この特性を正しく利用しないと、強くて、しなやかなで、釣りをしていて楽しいと思えるブランクは出来ない」と。

マクロで捉えて、ミクロで考える。より良いモノを生み出したいと願う、今も衰えぬその情熱には圧倒されます。
by bluepeaks | 2011-09-20 09:40 | ブランク