North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

Simmsのレインウェア

しばし夏休みに合わせ更新から遠ざかってしまいましたブログも本日から再開します。

さて、今日はレインウェアの話題です。釣具メーカーのものから、アウトドア・メーカーのものまで、今日までいろいろなメーカーのレインウェアを使ってきました。それぞれに特徴があって、例えば釣具メーカーであれば、袖周りなど、まさに釣りに適した工夫が施されていたり、アウトドア・メーカーであれば、やはりコンパクトで携行性に優れ、フードや襟など、ちょっとした部分に工夫が施されていたりします。

でも、実のところ未だに「コレだ」と思える満足の一品に出会っていないのです。先日もバケツをひっくり返した様な猛烈な豪雨の中で釣りをしている時、釣具メーカーのハイエンドモデルとされるレインウェアを着た友人も、アウトドア・メーカーのレインウェアを着た僕も、二人とも時間の経過とともに、徐々に浸水して、最後には二人ともレインウェアが容易には脱げない程、濡れネズミ状態となりました。

そんな中、今年のICASTで、アメリカのハイ・クオリティ・フィッシング・アパレル・メーカーSimmsが今後バス・フィッシング・マーケットにも本格進出してくると聞き、大いに期待している次第なのです。多くのバス・フィッシャーマンにとっては、今は縁遠い存在かも知れませんが、Simmsと言えば、フライ・フィッシャーの間では、知らぬ者はいない、ハイ・クオリティなフィッシング・アパレルを提供する会社。そもそもウェーディングがベースの世界で鍛えられてきたモノですから今までとはちょっと違うんじゃないの、と大いに期待しています。より良いレインウェアを求める方、要注目です。
by bluepeaks | 2011-08-17 16:29 | グッズ