North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

急造の危うさ

連日メディアで報道されている中国の高速鉄道の事故。あの痛ましい事故を見ていると、急造することの危うさを感じます。追いつけ追い越せで、ハードウェアからソフトウェアまで、果ては運行ノウハウまで買い揃え、短期間で急拡大して来たものの、雷一撃であのような惨事を招いてしまう・・・。

結果に至るまでの試行錯誤を自ら経験していないため、ひと度、例外的な対応を迫られると、呆気ないほど簡単に瓦解してしまう。そんな急造の危うさを露呈してしまった惨事のように見えます。

勿論、中国に限った話ではなく、ノウハウ移転は、日本、アメリカ、ドイツなど、あらゆる産業国で「賢い」とされるアプローチ。でも、やっぱりモノ造りには単なるノウハウの移転だけでは伝わらない肝というものが絶対にあると思うのです。それは移転出来ないもの、つまり、人なんだと思います。設計した人、製造した人、検査した人、出荷した人。そうしたモノ造りに関わってきた一人一人の知恵と経験は、勿論、目には見えないし、数字としても定量化することも出来ない。だから軽視される。でも、本当に窮地から救うのは、そうした人の力。

ただ良いものを作っているだけでは生き残れない世の中にあって、今の自分に出来ることは何か、と考えてみると、自分が良いと思うものを、良いと評価してくれるユーザとのコミニュケーションを密にしていくこと、これしかないのでは!、と思うのです。

サラリーマン時代の思いも重なり、かなり暑苦しくなってしまいました。まぁ、最近涼しいんでちょっとくらい暑苦しくても許してもらえるかな、と思いまして。しかし、釣りブログっぽくない・・・
by bluepeaks | 2011-07-29 22:11 | 四方山