North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

NFX C66モデル出荷開始..
at 2017-04-27 18:04
オフショアGO! GO!
at 2017-04-26 09:09
NFXの商品紹介ページを公開..
at 2017-04-20 17:01
バードルアー
at 2017-04-19 15:57
マテリアルの差
at 2017-04-17 15:05
ランカークラブ
at 2017-04-17 11:19
EDGE PACEMAKER..
at 2017-04-13 16:03
2.1バットデザイン
at 2017-04-07 12:23
NFXスペック(その3)
at 2017-03-31 16:49
ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

テストというけれど・・・

製品開発にあたり、いろいろなメーカーさんが独自にテストを繰り返していることと思いますが、昨今の日本のバス釣り環境を考慮すると、テストと呼ぶに相応しい十分な釣行を確保すること自体が難しいのではないか?と思います。ここで言う釣行とは、単に「釣りに行った回数」ではなく、テストロッドで、ヒットさせた魚の数、フッキングした魚の数、ランディングした魚の数、という意味です。これが、昨今の数が釣れない環境の中では、難しいのでは?と思うのです。

私自身、フリッピング・ロッドをテストするために、先週北の楽園「八郎潟」に行って来ましたが、2日間で釣れるバスの数はせいぜい30匹とか40匹。これでも日本では十分多い方なんですが、開発クランクの開発学さんから聞くレイクフォークや、レイクファルコンの釣れっぷりや、サイズ、フィールドの多様性などと比べてしまうと、これはもう圧倒的に数が足りない、と思うのです。

良くアメリカン・ロッドは丈夫、などと言われますが、レイクファルコンなどのアメリカの楽園で、複数のフルタイム・ガイドが、数ヶ月間にわたり、酷使し続ければ、そりゃカイゼン点の洗い出しは隅々まで行えるってものです。ノース・フォーク・コンポジットは、ブランクメーカーであるため、ロッドメーカー越しにインプットを受けることが殆どではありますが、やはりこうしたテストを経て、製品化されるブランクは、触っただけでは計り知れない、皆さんの想像を遥かに超える強さを内に秘めています。

a0183304_846027.jpg


ワールドワイドなさすらいの怪魚ハンター武石憲貴さんのテストもいよいよ最上位機種に移行した様で、メーター・オーバーの草魚による「ストレステスト」においても、ノース・フォーク・コンポジットの9パワーのブランクは、しっかりと、キッチリと仕事をしているようです(って言うか、もともとバス用のブランクなんですけど・・・)。その大胆なテストに圧倒されます。詳しくは武石さんのブロブで
by bluepeaks | 2011-06-29 08:51 | カスタムロッド