North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

自重わずか53gのフリッピング・ブランク

長さとパワーが求められるため、フリッピング・ロッドというと、「重くて当たり前」とか、「重くても仕方が無い」とか、「そもそもフリッピング・ロッドは重いもの」と、捉えられているものと思います。しかし、フィッシング・パターン的には、フリップしか成立しないという状況も多々あり、結果として、一日中フリップし続けることも良くあるのではないかと思います。

「一日中フリップする」と言っても、実際には、フリップしている時間よりもジグやワームを操作している時間の方が長いはずです。また、表現こそ「フリップ」としていますが、昨今のプレッシャーのかかったフィールドでは、ディスタンスを確保するため、ピッチングを併用/多用するケースが殆どと思います。となると、必然的にティップは、下を向いている時間よりも、上を向いている時間の方が長くなるはず。であれば、ロッドは少しでも軽い方が良い。

でも、単に長くて軽い竿が必要なのではありません。基本、フリッピングは、カバーの釣りですから、長さと軽さの中に強靭なトルクがなくてはいけないのです。そこで、お奨めしたいのが、タイトルにもなっているノースフォークコンポジットが誇るハイエンド・マテリアルNext HMを使用したFlip 766-1(HM)

フリッピング用にデザインされた7フィート6インチのブランクであるにも関わらず自重はわずか53g。これは6フィート台のブランクに匹敵するものです。そんな軽さを誇るブランクではありますが、アシ奥でフッキングしたバスを一気に引き寄せる頼もしいパワーを備えています。まさに、これこそが超高圧巻きがもたらすメリットと言えます。

a0183304_22531266.jpg

by bluepeaks | 2011-06-26 23:13 | ブランク