North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ウェブサイトリニューアル
at 2017-08-22 18:22
NFX S66ML出荷準備完了
at 2017-08-22 17:00
NFX S66MLリリースス..
at 2017-08-21 19:00
ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

スパインとガイドセッティング

暫くサボってしまった分を取り返す!訳ではありませんが、朝からブログのネタ出しと校正をしてます。で、今日は、先日、ブランクをご購入頂いたお客様から頂いたお問い合わせに関する話題。

お問い合わせの内容は「・・・ところで、Garyさん自身がロッドをビルドする時、スパインはどうしているんでしょうか?」というもの。

恐らくこのブログをお読みの皆さんに、スパインにつき改めて説明する必要などないと思いますが、念のため、軽く触れると、「スパイン」とはブランクの背骨のこと。カーボン・ペーパーをマンドレルに巻きつけて行くと必ず出来る巻き終わりの部分、この終点というか、終線(境界線)というべきものが作り出すブランクの中でも特に張りの強い部位をスパインと呼んでいます。文章ではなかなかわかりにくいと思いますので、詳しくは富士工業のカタログ「誰にでもできるロッドクラフト」を参照して下さい。絵を見れば一発で理解出来ます。

そのスパインなのですが、Garyのセッティング方法は極めてシンプルなもの。スピニング・ロッドやフライ・ロッドの場合は、スパインの反対側に、キャスティング・ロッドの場合は、スパイン上にガイドを設置するとのこと。これだけ引っ張ておいて「なーんだ」と言われかねない「フツー」な展開なのですが、一般的に広く採用されている方法と同じです。強いて言えばスパインを積極的に活かすセッティング、かと(強いて言い過ぎか!)。

ところで、この日本語で言う「スパイン」、勿論、オリジナルは英語なのですが、そのスペルは"spine"で、意味は「背骨」です。最近では、「芯」などと呼ばれることもあるようですが(それはそれでわかりやすいけど)、チューブラー構造で、しかも、必ず一方にのみ現れる偏りのある張りの強い部位を敢えて「芯」ではなく、「背骨」と表現したところがまさに絶妙だと個人的には思うのです。凄く良く観察し、正しく表現していると思うんです。
by bluepeaks | 2011-06-24 08:45 | ブランク