North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

フェルールのデザイン

日本で提供しているライナップがバス用のブランクばかりなので、NFC=バス、と捉えられがちなのですが、USのサイトを見て頂ければおわかりの通り、バスだけでなく、トラウト用も、スティールヘッド用も、サーモン用のブランクも商品化しています。そして、さらに数は少ないですがフライ用のブランクも提供しています。

バスと言えば1ピース、という構図があるように、トラウトと言えば歴史的にもマルチピースです(これ、何処から来ているのでしょうか?)。そこで、ポイントとなるのがフェルールの仕様。スピゴットとか、スプリット・オーバーといった「継ぎ」の話です。

日本で一番受けが良いとされているのは、それだけでクラフトマンシップを感じてしまう「スピゴット・フェルール」。何となく手間と暇が掛かっているように見え、高級な感じがします。

しかし、NFCが商品化しているマルチピースのフェルールは全て「スプリット・オーバー」。もちろん現地代理店としては、「スピゴットの方が断然受けがいいんだけど・・・」と、インプットはしているのですが、OEM商談でもない限り、NFCとしてはNOなんです。

理由は単純。スプリット・オーバー・フェルールの方がテーパーが綺麗に出るからです。

数ある中でもGary最大のこだわりはプログレッシブなテーパー・デザイン。この理想を追い求める中で、採用しているフェルールが、スプリット・オーバー・フェルールという訳です。Gary曰く「いくら素材に配慮しても、、いくら精度を高めたとしても、やはりスピゴット・フェルールである以上、直線的な部分が出てしまう」。

継ぎがある以上、宿命と言えばそれまでなのですが、そんな中でもベスト・エフォートと呼べるものがスプリット・オーバー・フェルールなのです。見た目ではなく、テーパーにこだわる、釣り込んでいるアングラーにこそ受け入れられる仕様とも言えます。
by bluepeaks | 2011-05-29 22:41 | ブランク